自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【6/6 7:57:02 北園紅蘭 残刻 DE:AT:H?】

晒しであった。



幾分か雨足が遅くなってきているとはいえども、屋外で――マンションの屋上にて、地に伏した北園は風雨にさらされていた。



胸に突き刺さった、否、自らが自らに突き立てた刃は、彼の周囲をより一層赤色で染め上げている。



血が赤色の池を作っていた。

動かない。

動かない。

倒れた侭、動く気配が無い。



回理子はどうしてこんなことになってしまうのか、自らの不運を呪っていた。



(こんな事になるのなら……私が。あのまま先に……)




――――あのまま先に私が爆死するべきだったんだ――――。




そんな後悔に打ちひしがれて、四肢を地に付けながら慟哭する彼女を尻目に、刺客となった二人の双子はソプラノを二重にして、高らかに笑っている。



「きゃはきゃはっ!いきなりひかりもんだしたかとおもってみがまえちゃったけど、ふたをあけたらじめつとかちょうウケるんですけど!ねぇふるるちゃん?」



「きゃはきゃはっ!おいつめられたけっかがじがいとかって、そのてんものわかりがほんのちょびっとばかりよかったのかもしれないね!ねぇほろろちゃん?」



死体を見下ろしながらはしゃぐその姿は、つまりは彼と彼女が子供であり、善悪の判断がつかない位には成熟しきっていない、そら恐ろしい残酷さを物語っていた。



満身創痍の自分ではもうどうしようもない。どうしようもないどころか、もはや取り返しのつかない事態に陥ってしまったのだと嘆く回理子。



が、しかし。



かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……



音が、鳴っていた。



時計の歯車がこすり合わせるような音が、どこからともなく鳴っていることに、回理子は気がついた。



それは相対する双子も同様に聞こえていたらしく、発生源がうまく特定できないのか二人が二人ともあたりをきょろきょろと見回す。



(えっ……!?)



回理子は、ここである事実に気がつく。



直接脳内に反響するような音に合わせて、回理子と高低兄妹のちょうど真ん中に位置している北園の遺体に異変が起きていることに、気がついてしまう。




出血多量による血痕――雨と混じり地に広がるマーブル色の池の面積が 徐 々 に 狭 ま っ て ゆ く 光 景 に、気がついてしまう。




かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……



かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……



ファントムホールの開閉により亜空切断された右と左の掌。打ち捨てられるが如く転がっていたそれとそれが、まるでビデオテープを巻き戻すかのように 血 液 と 共 に 北 園 の 手 首 へ と 繋 が る 一連の流れに、目線が釘付けになってしまっていた。




視線を一直線に固定する回理子の先を追って、ようやっと高低ふるると高低ほろろも、眼下で繰り広げられている異常事態を視認出来たからだろうか。ふざけ合うのを中断し息をのまざるを得なかった。




かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……



かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……



かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……かちゃっ……かちゃかちゃっ…………かちゃっ……かちゃかちゃっ……




広がる赤色が無くなり、離れた手首がくっ付き、むくりと立ち上がり背筋を伸ばした所で、彼の胸に刺さっていたはずのナイフがキィンと音を立てて、落ちる。傷穴は塞がっていたというよりかはむしろ刺さっていた事実を否定するかのように綺麗さっぱり無くなっていた。



引きつった表情を雨なのか汗なのかで濡らしながら、北園は呟いた。




「せっ、せっ、せえぇぇぇぇぇぇぇえええふっ……!」




―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


「――!!ふっ、ふるるちゃん!かっ……からだにひびがはいってる!」



誰の目からしてももはや死亡したとしか判断せざるをえなかった北園が立ち上がったとほぼ同時に、双子の片割が驚嘆の声を上げた。



回理子がみると、高低ふるるの全身を眩い青色の光が漏れる亀裂が駆け巡り始めている。



「えっ、えっ?なんで!なんで!!なんでボクが!?!?」



そんな彼らの様相を北園は両腕を組んだ格好であたりを2~3度見回した後、自らの異変に驚きと戸惑いを隠せない子供の慌てふためく様をぞんざいに見下している。



「ふむ。どうやら今の我には自爆霊が憑いていないようだ。そりゃあそうだろうな、だって一度命を絶ったのだから。しかしなぁ、ここで思い出して欲しい。我は何も裏切った貴様に対して敵意を持って接した訳じゃあないんだ。ここまで追いかけて来たのも、あくまで童の気まぐれかあるいはちょっとした悪戯に対して諌める気持ちはあったものの、寛大な心で赦してやろうと思っていたのだ」



彼の言葉を真とすれば、どうやら制限時間もリセットされている様子であった。そんな精神的優位を取り戻したのか、徐々に広がっていく亀裂とそこから漏れ出る光が多くなり完全にパニックに陥っているかつての同盟員だった一人に向かって、北園はなおも語りかける。



「それが。折角、せっかくだ。折衷案を出そうとした矢先、殺生しかねるような行為に及ばれてしまったのだよ。分かるか?“両手首から先を切断される”というのが、どれ程の痛みを伴うのか……とはいえその昔両脚の腱をズタズタにされた際と比べれば、やもすれば度量は僅かだったのかも知れぬ」



「さてと、さりとて貴様の時間も残されていなさそうだし、話を戻そう。両手首をぶっ飛ばされてこのまま放置していれば出血多量で生命活動が止まってしまうと、莫迦なおにいちゃんである我もその考えに至った。手が無いから触り返すことでタイムリセットも出来やしない。困った、困った、困ったんだ。そこで、仕方ないから、ちょっくら自殺してみたんだ。てっきり爆死すると思ったのだがな、どういう訳だか 爆 死 は せ ず に 普 通 に 死 ん だ 。ともあれ、これは一種の賭けではあった。敗退を目前とした際に浮かんだ走馬灯――対戦規則における死の定義を思い出して思いついた、ほんの悪足掻きみたいなものだよ」



目まぐるしく状況が変化する最中、戦力外且つ傍観者の立ち位置にいる回理子。彼女は北園が言わんとしている意味を、風邪による熱で正常に働いていないながらも、耳にしたせいで考えてしまう。



(死の定義って、要はどう死ぬかってこと?)



対戦規則について、思い出す。



一.鬼(対象A)となったものは制限72時間以内に他プレイヤー(対象B)に触れなければならない/制限時間がなくなると対象A爆死する


二.対象Aが対象Bに触れた後、接触後17分間対象Aが触れたプレイヤー(対象C)から触れ返されなければ、対象Cは爆死する


八.処刑者(対象A~Cとは異なる存在)に補足され、殺害されると爆死はしないが敗退となる



(全て爆死だけど――って、あ!!!)



敗退するということイコール死に繋がる、現状自身が参加しているこのゲームにおいて 自 殺 に 関 す る 定 義 は 無 か っ た 。



「単純に我は死という概念は知っていたつもりでも体験として経験したことは未だなかったからなぁ。いやぁ~とっても怖かった。図らずとも失禁しかけるぐらいには、恐怖でしかなかった。でもなぁアレだぞ?自らが暴力行為を加えていないのにゲ ー ム を プ レ イ 続 行 不 可 な 程 に 攻 撃 することは、果たして良しとされるのだろうなぁ?」



(処刑者以外のプレイヤーが、他のプレイヤーに対しての命に関わる暴力行為を禁止とするならば。この現状はその代償――ペナルティなの?)



高低兄妹が、違反行為により、爆死しかかっているこの状況。北園が死ななかった。否、仮に死んでいたとしても今こうして目の前に立っているこの現実が導き出す答えは。




「かつて貴様らは我の能力について尋ねた事があったことだろう。遅まきながら解答を回答として示してやろう――曰く、【ムーンフォール】という。つまりは――」




 死 の 無 効 化 だ 。