自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

目録

第1話:女狼は驕豚を喰らう ◆4/21 14:04:23 西乃沙羅 残刻 72:00:00 ◆4/21 14:14:57 西乃沙羅 残刻 71:49:37 ◆4/23 16:34:12 西乃沙羅 残刻 21:30:24 ◆4/23 17:51:31 西乃沙羅 残刻 20:13:05 ◆4/23 18:19:44 厚山太 残刻 00:10:52 第2話:少年は太陽に灼かれ…

【6/6 7:57:02 北園紅蘭 残刻 DE:AT:H?】

野晒しであった。 幾分か雨足が遅くなってきているとはいえども、屋外で――マンションの屋上にて、地に伏した北園は風雨にさらされていた。 胸に突き刺さった、否、自らが自らに突き立てた刃は、彼の周囲をより一層赤色で染め上げている。 血が赤色の池を作っ…

【6/6 7:49:52 北園紅蘭 残刻 00:09:22】

積上げられたCDのラックを掻き分けるようにして、男はまだ十分に長さのある煙草を灰皿へと放り込んだ。 「いやね、近頃この町ってばとっても物騒じゃあ、ないですか。先々月はちょうどこの先の区間でトラックが横転する事故があったし、先月は通り魔の多発に…

【6/6 6:06:06 東洞回理子 残刻 --:--:--】

将を射んと欲すれば先ず馬を射よという諺は、案外知られているようで知られていない諺であるのはさておき。 去る1ヶ月程前まで、回理子はゲームから脱落しない為に、自らと手を組む同盟の存在を切望していた。 切望して、渇望して。 絶望に押し潰れないよう…