自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【5/7 10:25:25 東洞回理子 残刻 31:00:27】

時間と半刻ばかりの時間が経過した後、回理子はオフィスのある階層から3フロア降った来客用の応接室の前に、朴念仁とした風情で立っていた。


(さて、と)


遡ること始業前にこれからの対処法と制限時間内に鬼を終える方法を思案しながら結局妙案が思い浮かばなかった結果、気持ちを切り替え月末の経理処理で慌しくも恒常化した業務を消化している最中、営業部門より内線の電話が入る。


「用件は聞いてないけど東胴さん宛でお客様が来社するみたいです」


何故代表番号に来ないのかもよく分からなかったし、そもそも内容を聞いていない点で心の内では仕事の出来ない無能がと毒づきながらも、一通り一段落ついたこともあって、休憩がてら応対に赴こうか程度の軽い気持ちではあったのだが。


【!他プレイヤーの300M圏内に侵入しました!】
【!アナタ様の位置情報が一時的に抹消されます!】


バイブレーションを伴いアプリのトップ画面にそのような警告文が表示される。


約束の時刻の5分前に通知が鳴ったこともあり、確信はないながらも予感というか直感めいた何かを感じずにはいられない。


アポイント無しで自分宛に会いに来ている人間が他プレイヤーなのだと、決め付けた上での来社対応に臨むことにした。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


連休明けであり重ねて月次の初営業日である為、各部署が軒並み会議室を占拠していたこともあって、20人は優に入る大会議室にて、来訪者は来ていると内線電話で既に確認してはいたものの、少し手が震える程度は緊張してしまう。


手帳と電卓とを脇に抱えながら、スマートフォンを確認すると、案の定回理子のいるビル敷地内に反応があった。


通常、鬼以外は他のプレイヤーをアプリ上では知覚出来ない作りになっているが、自分をピンポイントに狙っているとしか思えない。何らかの方法で認識・把握する能力を持っていたとしても、それならば何故鬼の射程圏内に入ったにもかかわらず、その場から離れないでいるのか。


理由を逡巡する。15秒程あれこれと考えてはみたが、どれもこれも推測というか憶測にしかならず、確証を得ない不確かな仮説に身を任せるのはリスクが高いと感じ、またもや一旦考えることを放棄した。


(どんな些細な点でもいい、相手に敵意を抱かせないことだけに傾倒するんだ)


表向きでは既存顧客の立ち寄り訪問の対応なのだが、当事者である回理子にとっては文字通り生死を賭けた命がけの交渉であるのが実情。


はたして無表情を装いながら扉をノックし「失礼致します」と声を掛け、いざ会議室へと入室した彼女の眼前には、



酷く、ちぐはぐとした格好をした男が座っていた。



まず普通であれば座るのは椅子であると相場が決まっているが、男は机の上に座っていた。正確を期した表現をするならば、胡坐をかいて俯き加減に顎を引いて、目はつぶったまま両手の親指と人差し指をくっ付け円を作り、残りの指は体の外に向けて開いたまま、ひざの辺りに手の甲を寝かせている。


得意先への挨拶で、と聞いている。聞いてはいたのだが、この男は立ち振る舞いは勿論ながらも、上から下までどこをとってもサラリーマンには、見えない。


顔の左側は、口元が隠れるぐらいに長くすっぽりと髪で覆われており、反対である右側はバリカンで剃ったかのような五分刈り(稲妻のような紋様が切り込みとして入っている)そんなアンバランスなヘアースタイルに加えて、絵の具で塗ったような水色が、自然と不自然には感じられない。


首から下は真っ白い厚革のライダージャケットを羽織り、袂から覗いている黒のシャツがコントラストを彩っている。腰から下は真っ赤な袴を履いており、和風なのか洋風なのか判別が付かない、独特過ぎる服装でもって、回理子がこの大会議室に入室してからも微動だにしない。


「・・・・・・」


「・・・・・・」


胸ポケットからスマートフォンを取り出す。画面が暗転しない様、省エネモードをオフにしている為、アプリは立ち上げたままになっている。


どうやら目の前の男が他プレイヤーで間違いなさそうだ。


「・・・・・・」


「・・・・・・」


(いやいやいやこれどうするのが正解!?)


あと1日と数時間あまりで爆死するかもしれないのに、折角チームを組めるかもしれないチャンスが来たのに、どうしてこうなるのか。脳内で回理子はまたもや頭を抱え始めた。


相手に敵意を抱かせないことだけに傾倒せんと意気込んできたのに、外見をなぞれば突っ込みどころしかないこの男と、まず会話が成り立つのかどうかすら怪しい所でもある。


(瞑想?それとも寝ているのか?)


入室の際に声はかけた。その筈だと自問し自答する。数十秒前の過去を回想する。何度も幾度も繰り返しリピートする。


――うん、大丈夫。客観的に見ても私は何も悪くない。そんな自己完結を終えるか終えないかの間際で、前方より声が聞こえてきた。



「国と国との政治的関係は抜きにして、どうして西国は我が国が位置する東側へとミサイルを飛ばしてくるのだろうな」



語尾が上がっていないように聞こえたが、果たしてこれは己に対する質問なのか或いは男の独り言なのか、どうにも判断がつきにくい。


寝言なのかもしれないという懸念を振り払い、コミュニケーションを取るべく、回理子は返事を返すことにした。



「地球の自転の向きと同じ方向に発射することで衛星軌道上に乗る迄の消費燃料を抑える為、でしょうか」



政治的関係は抜きにしてという前提条件。つまりは発射実験の理由。少し考えるならば中学生程度の知識で解決に導くことが出来るだろう。


「・・・ほう?」


ここで、回理子にはじめて興味を持ったのか、男は閉じていた左目を開き、顔をこちらに向けてきた。切れ長の睫毛に寄りかかるようにして涙黒子が3つ等間隔に並んでいる。特徴しかない、個性の塊が擬人化したような具合だなと、回理子は改めて感じた。


「近頃はかような問いにも答えられぬ輩が跋扈している嘆かわしき時代だというのに、いやはやどうして最低限の教養は備えているのだな。てっきり平時の痴愚共と同様に見並べてしまいかけた我の不遇を、どうか赦してくれ」


「あ。いえ、そんな。お気になさらず。それよりも挨拶が遅れてしまいましたが私、スプリングホールディングスの経理部課長を務めております、東胴回理子と申します」


かろうじて、拙いながらも言語によるコミュニケーションは図れる模様に安堵する。この機会とタイミングを損失する訳にはいかない。


あたふたと名刺交換の為ケースの蓋を開けていると、手のひらに収まるような形で相手の名刺が滑り込んできた。どうやら手裏剣の要領でもってこちらに投げてよこしたらしい(机の上に座ったままの体勢は崩していなかった)



[独立行政法人 GalopBrasterS 専任顧問:北園 紅蘭 ]



「きたぞの、ん?こ・・・こーらん様と読むのですか?」


「フハハハハ!それではまるで聖典だな。傑作な読み方ではあるがそうではない――グランと読む。我の名は北園紅蘭だ」


痩せぎすな体躯に見合わない豪快な笑い方でかき消されかけたが、胡坐の姿勢を解き床に脚をつけるまでのほんの一瞬のその間に、



ガシャンガシャンと、機械音が聴こえた様な気がしたのは、気がしただけであって本当に気のせいなのだろうか。



「これは失礼を致しました、それで。北園様。単刀直入にお伺いを致しますが、本日はどのような御用で弊社に?」


「案じる所は多々往々あるだろうが、勿論商談などで参ったのではない。我はこのゲームを進めるにあたっての同盟員を募っている」


今の自分にとってドストライクな目的の合致に、回理子は思わず息を呑んだ。


「同盟員ですか。歯に衣着せぬ言い方をするならば、確かに願ったり叶ったりのご提案ですね。しかし鬼である私にメリットはあったとしても、北園様にはデメリットしか無いのでは?」


「我と二人だけなら、確かに意味はなかろうよ。た だ し も う 一 人 を 足 し た 3 名 で 徒 党 を 組 ん だ としたら、どうであろうかな?」


いつからかいつのまにか気づけば気が付けば。


彼女の背後に位置する司会者用壇の上に、棒付き飴を頬張る子供が立っていた。


「!?」


入室時に視界に入っていた、椅子も机も全て半透明のスケルトン仕様の為、小柄とはいえ隠れるスペースは、どこにも無かった筈なのに。オートロックで社員証のICカードを通さなければ、出る事さえ不可な密室なのに。


どうやってコイツは、ここに入ってきたんだ?



「北園紅蘭、東胴回理子、そして高低ふるるの3名で組んで――」



このゲームを終わりにしようじゃないかと、紅蘭はニンマリ笑みを浮かべた。