自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【5/19 8:25:25 東洞回理子 残刻 --:--:--】

はいるのかもしれない。ひょっとしなくても、回理子は今の好転が、そう思わざるを得なかった。


北園との邂逅を果たしてから、はたして1週間と5日が経過していた。


その間、回理子は何不自由とは行かずとも、「精神的には当初に比べ安堵しているのだな」と自己分析出来るぐらいには、コンディションが回復していた。


5月7日のあの日、北園と回理子と高低ふるると名乗る子供の3人を構成員とする、同盟関係が成り立ってから、いわゆる「制限時間」という枷が無くなったからに他ならないのだとは、思う。


まず回理子が対象Bである他プレイヤーの北園か高低に触れ、次に触れられた者が回理子とは別のもう一方に触れることで、3人が3人とも残り時間が72時間へとリセット出来る、ルールに則したチームプレイというか、戦法を使うようになったからだ。


考えるまでも無く、単純明快。協力する人間が3名以上いれば成り立つ、ルールに則った合法的な延命行為。


当初、というか直前まで「これは実のところ罠であって二人がかりで自分を嵌めようとしているのではないのか」という疑念に回理子は囚われていて、かなり躊躇した節もあったのだが。


それでも仮に墓穴を掘ったとしても自らが埋まってしまわなければ良いのだと、半ば開き直りに近い居直り理論を展開し、結局彼女は同盟を結ぶに至った。


それから1週間と5日後が経っている。



不穏な空気は今の所、なきにしもあらず。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


「存外、すぐには何も起きぬものだな。つまらん」


ぱしっ。


「何か起こってからでは困るのは私たちなのですがね」


ぱしっ。


「ぱくぱくっ・・・・・・むしゃむしゃ・・・・・・」


【!憑依対象の三者間移行が発生しました!】
【!各プレイヤーの残刻をリセットします!】


日曜日。一般的なサラリーマンにとって休日に該当する曜日の朝方頃。カフェテリア、フェアリィクラウンにて。


彼と彼女と子供は、丸テーブルにお互い向かい合うような形で座り、最早恒例となりつつある3日置きの“交代業務”を、なんとはなしにこなした後、雑談に興じていた。


但し、高低ふるるに限っては、糖分で糖分を塗り固めたようなパフェを食らうことに必死になっていた為、自然と回理子と北園の二人が会話をする流れとなる。


「無闇に生き永らえる手段を講じる為に、我はこの同盟を組んだのではないぞ。どうにもその辺り、貴様は自覚症状に欠けている帰来が見受けられる」


「分かっています。でも実行するのであれば、100%確実に必中で仕留められなければ、意味がありません」


この協力関係が成り立っていなければ、それこそ回理子は11日前には爆死している。


だからこそ、残り時間を気にする必要が無くなった今この状態だからこそ、しくじる事無く必中でキメなければならないと、そう回理子は考える。


「貴様の【ドッペルアナザー】と、こ奴の【ファントムホール】を組み合わせたならば、余程のことが無い限りは負けぬと思うがな」


「その“余程”があっては駄目なんですってば――」



東洞回理子。性別は女。能力名【ドッペルアナザー】



自分以外の人間と全く同じ容姿に変質出来るチカラ。



厳密に言うなれば本質は若干というか か な り 異 な る 能力である。同盟とはいえ、完全に北園と高低を信用した訳ではないので、敢えて回理子は自らの能力の全てを彼らに語ってはいなかった。



高低ふるる。性別不明。能力名【ファントムホール】



半径300m圏内の何処かへワープするチカラ。



回理子と北園が会議室で名刺交換をした際にも使用したそれは、障 害 物 や 高 さ を 度 外 視 し て 移動が出来る。これも後に北園から聞いた補足も含めてである為、実際に行使したのは一度しか回理子は見ていないので、その程度の認識しか持っていない。


「奇しくもお前達は二人が二人とも、件の“処刑者”とやらからターゲットになったにも関わらず、逃げ果せているではないか。戦力としてはこの上なく頼もしい。そう功を急ぎ過ぎるではない、大和撫子たるものドンッと構えておけば良いのだ」


大和撫子――って、えぇえ!?この子も逃げ切ってたの!?!?よくもまぁ、何でそんな大切なことを今まで黙っていたんですか!!!」


原則、というかこれも最近知った事実ではある。


プレイヤー同士の対戦結果を配信するサイト【BomBTuBe】では、勝敗が決しない限りはリプレイ動画が提供されない。だからこそ回理子は、高低が処刑者に補足された上で逃げ切ったことを、今始めて知った。自分やこの子以外にもただ単に公になっていないだけで、見えていないだけで対峙した事例はまだあるのかもしれない。


合わせて【BomBTuBe】には動画だけではなく、リタイヤしたプレイヤーの名前が公表されていた。


現時点での敗退者は、厚山太・絵重太陽・辺閂の3名。


二人目の絵重は“能力を行使しての戦線離脱”であったし、三人目の辺に関しては“処刑者による殺害”の為、ボムみを伴う爆死をしているのは一人目の厚山だけになるのだが、程度の差こそあれ三人とも既にこの世には存在していない。


残す所、生存者はあと9名。うち過半数とまではいかなくとも、三分の一を回理子の同盟が占めている。


タッグであれば、油断しようものなら寝首を掻かれるかもしれない。4名以上であれば、多人数が故にふとした弾みで内部分裂を起こすかもしれない。


あくまで可能性の話である。一概には断定出来ない。出来ないにせよ、回理子は3名で組む事が最もバランスの良い、最善の人数だと感じている。


「それに!いい加減教えてくださいよ、北園さんの能力が何なのかを。私とふるるちゃんだけ情報がバレているのって、凄く不公平じゃないですか」


「フハハハハ!それこそ言う必要がないな。必要がないというか――言うだけ無駄というか。何にせよ、我は能力などを使わぬとも今のままであるならば ど う あ が い て も 優 勝 し か し な い 特 性 を持っておる。ここ数日間行動を幾ばくか共にした、貴様ならよく分かるだろう?」


「・・・・・・・・・まぁ、それはそうですけど。」



北園紅蘭。性別は男。能力名は不明で効果も不明。



だがこの男は――埒外に運が良過ぎる



独立行政法人GalopBrasterS。曰く、有志のみで成り立つ軍事用機器開発機関の専任顧問という肩書きを持つ北園は、回理子が所属する超一流企業の更に上の企業――それこそグローバルな、世界規模で上から数えて早い企業の重役としても籍を置いている。


昨今、コンサルティング業務が流行しているように、それらひと山のひと欠片かとも考えていたが、北園の場合は度外視という表現では表し切れないぐらいに一線を画していた。


彼が気まぐれにアドバイスをするだけで、各分野・各業界でのパワーバランスがもれなく崩壊する。それまで確立されていた情勢そして形勢が一気逆転するのだ。その都度サラリーマンの生涯収入に近しい報酬が彼の手元に入ってくるらしい。それこそ毎日決められた時間を仕事で磨り潰している回理子にとっては、決して出来ない生き方ではあったのだけれども。


話を聞くだけではエビデンスに乏しい部分があったので、実際に所属する企業の評点や、彼自身の個人情報もとあるツテで入手したが、全て裏づけが取れた事実であった(名前はやはり“こーらん”ではなく“ぐらん”であったのも確認できた)


それだけであれば突出したアドバイザーで終わり、現実味が沸かなかったのだがあろうことかこの男は、三日連続で宝籤の1等をピンポイントで当て続けている実績もある。


回理子の目の前で籤を買い、200円を10,000倍の配当に変換する行為を、3日連続で。6,096,454分の1の確率を、立て続けに三度引く行為を、さも当たり前のようなさも当然のような具合に、彼はやってのけた。


初め、回理子はそれこそ“確率や事象を意のままにする能力”だと問うたが、北園が言うにはこのゲームが開始する前から有してる特性とのことだった。


「変異に、瞬間移動に、超幸運。向かう所敵なしだろうな。齷齪(あくせく)しないこの平穏を、今しばらくは享受しようではないか」


線の細い体幹に似合わない、豪快な笑い方でウインナーコーヒーを呷る北園。そんな彼の横で、いつの間にか2杯目のパフェにがっつく高低を見やり、回理子はそれでも腑に落ちない気持ちの沈みを隠せなかった。


(安穏とし過ぎている・・・・・・前は前で切羽詰っていたが、この状況が長引き過ぎるのは不味い。たぶんというよりはかなり、宜しくない)


私がたぶん駄目になる。


安全圏にいるが故の錯覚。ひょっとして何もせずとも最期まで生存できるのではないのかという勘違い。


爆死に怯える危険区域から抜け出したその先は、安全ながらも変化の無い日常であり、望んだものが手に入ったにもかかわらず、膠着した状況にやきもきする。


まさに自縄自縛であった。


陰鬱とした気持ちとは裏腹に、状況は転ずることなく更に半月以上の時間が経過する――