自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/23 18:19:44 厚山太 残刻 00:10:52】

しても遅いな、と。


アニメキャラがプリントされた限定品であるプラスチック製の団扇をばさばさと扇ぎながらら、太は一人残されたまま独りごつ。いや、一人と一体であった。彼には現在自爆霊であるボムみがくっ付いている。


「沙羅ちゃんまだかなぁ。緊張しすぎてお腹壊しちゃったのかなぁ」


レディーに対してデリカシーのかけらもない思ったままの事を言いつつ、時計をチラチラと覗く。憑依対象が自分に移り変わってから5分と少しが経った。そろそろ戻ってきてもいいのでは?と、太はそわそわし始めた。


『おねえちゃん早く帰ってこないのかなぁ~。そろそろ帰ってきてもいいと思うんだけどなー。というか、もし帰ってこなかったら、ふとしにいちゃんの負けになるよね~』


「縁起でもない事を言うなし!第一、鞄を置いていっているじゃないか!財布だって入っているに違いない、戻らない訳ないだろう!」


『だといいんだけどねぇ~。まぁ仮にワタシがプレイヤーだったとしたら、必要最低限のものだけ持ってトンズラしちゃうと思うけどね~』


にやにやと笑うぼむみの見解に、一理あると納得してしまう。そして、ふとテーブルの上に投げ出させれた鞄を見ると、白い封筒が少しはみ出ているのが見て取れた。


初対面も初対面。一般的な常識を考慮するならば、他人に許可なく所有物に触れたり中身を覗いたりするのは、どう考えても無粋というか失礼にあたる行為である。であるのだが、同盟を申し出られたとはいえ、最終的には敵になる可能性だってある。沙羅が姿を消してから一向に戻ってこない原状に業を煮やし、太は封筒を手にとって、中身を確認することにした。


大学ノートの切れ端だろうか。等間隔に罫線が引かれたA4サイズの一枚紙であろうそれには。


     は
     い
     私
     の
     勝
     ち


縦書きで短く、それだけが書かれていた。


一瞬、書いてある意味が分からずに困惑する。勿論太は日本語の読み書きができるし、漢字表記が読めなかった訳でもない。え?何これは?どうゆう事?反芻するも、信じられなかった。あれだけ仲良くなって、手を組むとまで言った本人の鞄から飛び出てきたこれは、いったい何を指している?


『ぎゃははは!!まんまとハメられちゃったみたいだねぇ!!ウケるwww超ウケるwww』


ボムみが腹を抱えて笑いだしたのを皮切りに、ここでようやく太は我に返った。軽い放心状態にあった彼は、現状自らが置かれている立場をようやくもって理解し、そして裏切られた事実に対してふつふつと怒りが込み上げてきた。


わなわなと身体を震わせながら、アプリを立ち上げマップを確認する。みると、店内から出て道路を挟んだ向こう側の歩道あたりに、他プレイヤーアイコンが瞬いていた。


顔を上げ窓の外には、件の張本人である、腰まで伸びた長髪を靡かせる、沙羅らしき人物がいた。位置的にもアイコンとほぼ重なる。向こうもこちらに気がついたようで、踵を返し走り出した。


「きっ、ききき・・・貴様ぁぁあ!よくも裏切ったなぁ!!!」


激高し、机をひっくり返し叫ぶ太。やり取りを知らない回りの客は突然暴れだした無法者に怯え、グラスを磨いていた店員は昨日に引続きまた不審者が出没したのかと、半ば呆れた様子で110番へ通報する準備を始めた。そんな事はお構いなしに、太はどしどしと音が聞こえてくるような大股でもって店内から店外へ闊歩し、息を吸い込み、先程よりも更に大きな声量でもって、怒号を飛ばす。


「絶対に許さんぞ!!虫ケラが!!じわじわと追詰めて爆死させてやる!!!!!!!!!!」


まだ50m弱離れていたが、その獣の咆哮じみた雄叫びにたじろいだのか、びくりと立ち止まり少しだけこちらを振り返るも、長髪は慌てて再び駆け出した。


「どれだけ逃げようが、この太様の能力からは何人たりとも逃げられんぞ」


完全に悪役が吐く台詞を吐きながら、太は自らの固有能力を発動させるべく、アビリティ名を心の中で唱えた。


(【シアーハートサーチ】始動・・・!!!)


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


振り向かず、ただひたすらに走る。いつものことだ、慣れている。なるべく考えるな、今は逃げることだけ考えろ。


そもそも走りには自信があった。陸上部に所属していた経験もあって、且つ今回のような事態は過去何度も経験してきた。それゆえ逃げ足となれば折り紙つきといえよう。


見た所アイツも今までの人間と同等か、なんならそれ以下までありえた。体型だけで判断するに、そこまで運動能力が優れているようにも思えない。


経験則から安堵を覚えるや否や、歩道を右折した所で、両の足が止まる。


人が群がっていた。どうやら浮浪者が暴れ、一般人と争っているようだ。取巻きであるそれらのせいで、見事に道が塞がれていた。


「ッ!なんだってこんな時に・・・」


騒ぎは始まったばかりの様で、掃ける気配は一向にない。立ち止まっていると後方からあの男の唸り声にもにた叫びが近づいてくる。


(駄目だ、違う道で行くしかない)


ガードレールを乗り越え、車が行き交う道路を走り抜ける。一歩間違えれば轢かれて大怪我を追ってしまうリスクもあったのだが、何しろ後の男に捕まればどうなるか分からない。それらを天秤にかけた際、前者の方が断然安全に思えた。大丈夫、まだ距離は十二分にある。


クラックションに煽られつつも、どうにかこうにか対岸の歩道へと渡りきる。時計を確認するに、ちょうど会社員の帰宅ラッシュにぶち当たっているに違いない。人が多すぎる、この辺りから離れなきゃ。そう決断し、駅前から真反対の郊外へと進路を変更する。


人込みに紛れて逃げる方法もありといえばありだったのだが、彼女からは「相手は追尾性能を持っているよぅ~」と聞いている。逆に身動きが出来ない場合、それが楔になりかねなかった。


が、しかしその判断はこと今回においては間違っていた。


数十秒走った矢先、それは予期せず起こってしまう。


甲高いブレーキの音が鳴り、重たい金属同士がぶつかり合う音が、眼前で響く。


一般乗用車同士の交通事故。それに誘発され、緊急停止をし損ねた軽トラックまでが横転する。非日常に出くわした人々の叫びが次々に聞こえてきた。眼前で繰り広げられるそれは、パニックそのもの。またもや足を止められてしまう。


(おいおいマジか)


文字通り道が塞がれてしまった。加えて、進行が出来なくなった為道路も車で溢れ返っている。そして歩道はというと、相変わらずというかむしろ先程より更に多い人と人とで密集して出している。そして背面からは、人々を押し分けるようにして横に大柄な男が距離を詰めて来ていた。


(もうこんなに近くまで・・・・・・あぁもう!!)


回りを見渡すと、ちょうどビルの合間の路地裏を発見できた。たぶんこの場から離れるにはあそこを通るしかない。


すいません、どいてください、通ります、などと謝りながら、なんとかして密集地帯より抜け出すことに成功した。


少しだけでも良い、あの男が目を離した隙に何処かへ隠れて、やり過ごすしかない。ずっと逃げ続ける必要がない事も知っていたし聞いていた。それだけは何度も確認した。


この細い路地を抜けて適当なビルに逃げ込もうと考えていたその瞬間だった。踏み出した左足に激痛が走る。


「痛・・・ッ!」


小指の付け根の辺り、買ったばかりの靴を貫通して、釘が飛び出していた。思わず片足立ちになり、その場にぴょんぴょんと跳ねる。滑稽そのものだが、今まで感じた事のない痛みに悶え、当事者はそれどころではなかった。


(不味いぞ・・・この様子じゃもう走れない)


立て続けに自分に不利な事が降っては沸いてくる。良いことは重ならない癖に、反対に悪い事が連続して重なる事象は一体全体何なんですかと神に問いたい気持ちで胸が一杯になった。普段は無神論者であるのに、なんとも都合の良い嘆願であるには違いないのだが、現状はそれなりに逼迫していた。


「へーーーーーーーろーーーーーーーーぅ。やぁあっと追い詰めたぜ、子猫ちゃあああーーーーーん」


とうとう追いつかれた。それでも諦めず、悪足掻きにも似た行動でもって、極力爪先が地面に接触しないように、その場から離れようとする。するのだが、したのだが、あろうことか。


空から瓦礫が降ってき、文字通り山となり、道が完全に塞がれてしまった。袋小路である、逃げ道はもうない。


原因は先程の交通事故の際、建物に激しく衝突した所為であろうか。にしても、タイミングが良すぎる。時差含めてこうもピンポイントに、まるで自分が逃げられないように、連続して事象が発生するものなのか。


「不思議そうだねぇ」


対象を完全に追い詰めた事に余裕なのか、目の前の男は尋ねられてもいないのに、芝居掛がかった口調で語りだした。


「見てのとおり、僕はこのふくよかな体型のせいで、運動するのがちょびっとばかり苦手だ。そんな奴に何故追いつかれてしまうのか、うまく逃げられないのか。なんでだろうねぇ」


明らかに油断している。隙を見て間をすり抜ける事は出来ないだろうかと考えたが、相手の体型がぴったりと進路を塞いでいる。助走をかけて飛び越えようにも、怪我を負った今の状態では成功率は低そうだ。加えて、仮に路地を抜けたとして、人々でごった返す中、逃げ切れる可能性もおおよそ考えられない。まさしく詰んでいる。


「タイムリミットまであと3分弱あるし、冥土の土産に教えてやるよ。僕の固有能力は“逃げる相手を必ず追い詰める”効果を有する。つまりどーゆーことか分かるか?例え鬼になろうとも、その気になれば絶対に負けない常勝必至のチカラなんだよぉおおお!!!」


ぶふぁぶふぁぶはぁと、豚のような鳴き声で笑われる。あぁここまでか、と諦める。たぶんこの状況は、何があっても覆せないだろう。


「んじゃま、時間も時間だしそろそろ幕を引こうか。はぁああああいたぁーーーーーーーーーーーっち!!!」


下卑た笑顔を振りまきながら、距離を詰められ、はたして長髪は太に触れられてしまった。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


【!残時間が180秒を切りました!】
【!直ちに他対象へ接触して下さい!】


バイブレーションを伴って、太のスマートフォンが警告音を鳴らす。先程のカフェで沙羅に逃げられた時と同様に、太は呆けた顔で硬直していた。


「えっ・・・?いや、ってゆーか触り返したんだけど?故障かな?ほら、ほら」


言って、眼の前にいる長髪の頭をぽんぽんと撫でる様にして触る。日が落ちた都会の路地裏にて、ともすれば事案になりかねないその光景を引き裂くようにして、激しいロック調の着信音が鳴り響く。


「あ、もしもし姉ちゃん?うん、そうそう。捕まっちゃった。てゆーか怪我したし早く助けてよ。このままじゃ俺このおっさんに海外かどっかに売り飛ばされちゃいそうだよ」


「へ?姉ちゃん?」


「違うってば。いつもどおり全力で逃げたってば。でも今回は色々重なって無理だったの。てゆーか邪魔なんだよこのカツラ――肩とか腕とかにかかって暑苦しいったらありゃしない」


太を完全に無視し、眼の前の人間はスマートフォンで電話先の主に向かって愚痴を溢していた。聞けば、声変わりのまだしていない男の声のように聞こえる。暗くて顔は良く見えなかったが、女の声ではない事は確かだった。


「・・・電話貸せっ!」


許可を取る事無く強引に奪い取り、耳元にあてると、口調こそ先刻とは全然違うものの、聞覚えのある声が電波に乗って聴こえてきた。


「なんだよーつれないなー。かる君ってば男のわりには美形なんだし、もっと積極的に女装しないと勿体無いってば。今度生配信とかしてみ?眼の前にいる豚みたいな気ン持ち悪い奴等が山ほど釣れっからさぁ」


「誰が豚だこの野郎!てめぇ沙羅だな!?何処にいるんだよ!」


太は追跡途中、何度かアプリで沙羅の位置を確認しながら追い詰めていた。この眼の前の長髪とは入れ替わる暇など微塵もなかったし、なによりシアーハートサーチにより対象を絞った上でのスタートであったのに。何故だ、何故こうなったのかさっぱり分からない。


「ぉーぉー豚くんおっすおっす。十分一寸ぶりぐらいか、元気にしてたー?」


「だから何処にいると聞いている!それにいつ入れ替わったんだよ、そんな時間ちっともなかっただろ!」


「あー、うんうんなるほど。そんなにぶーぶー言われてもあたしには豚語の履修経験が無いから、意思の疎通が出来ないなぁ。残念、非常に残念」


完全におちょくられている。ストレスに拍車が掛かるも、何しろ残り時間があと僅かしかない。聞けば答えるとも思えないが、それでも聞き続けるしか太に選択肢は残されていなかった。


「ざけんなよてめぇ!ナメやがって!殺す、絶対に殺す!」


「怖いわー。若い女性にそんな脅し文句平気で言えちゃうとか引くわー。ま、いっか。あたしの83番目の元彼も豚くんみたいな事言ってきたし、初めての経験じゃないから平気だよ。うん、残り時間1分ちょっとだし、メイド喫茶のお土産がわりに教えてあげよっかな――飛べない豚は、タダの豚だよ?」



「・・・・・・まさかお前」


「そーだよー。そこにいる弟の迦楼羅とは道路に出る前から入れ違っていて、同じ速さでビルからビルを飛び移ってたんだぉー」


パルクールって奴だね。と、笑い声が聞こえる。見上げると、最上階窓から飛び出た縦桟に腰掛けた、西乃沙羅が片手を振っていた。今度こそ紛う事なき本人である。


「馬鹿な!全力で走る人間と同様に並走するだけならまだしも、コイツが車道跨いで横断した距離は10M弱あった筈だ!無理に決まってる!」


太の言い分はおおよそ正しい。なにせ走幅跳びのワールドレコードは8m95cm。ましてや日本人の過去最高でも7m弱が限界。一介の成人女性にそのような事が出来る訳はない。だが沙羅はやってのけた。やってのけたからからこそ、遥か上方でシニカルに笑っていられるのだ。


「それはあくまで平地の話でしょ。ビルごとに高低さがあったり、飛び移る際に棒なりなんなり使ったら、もうちょっと距離は出せるんだってば。地上より高い位置にいる方が、追い風も強いしね。そんなことよりいいの?残り30秒切ったみたいだけど。早くあたしを捕まえなきゃ、負けちゃうんじゃないの」


思い出したように画面を見返すと、残りは30秒を切っていた。どう考えても間に合わない、考えてる暇さえ皆無であった。


「う、うああああぁぁぁあああああ!!!!」


物理的に無理ではあるが、建物内に入って上にあがるしかない。時間ぎりぎりではあるが、固有能力を使えばなんとかなると信じて、やるしかなかった。


シアーハートサーチを発動しつつ、転がるようにして雑居ビルの中に這入る。エレベーターは故障中なのか反応しない、巨体を揺らしながら、一目散に階段をかけあがる。


“逃げる相手を必ず追い詰める”能力、である。


逃げも隠れもしなかった今の沙羅には、その効果を及ぼさなかったのだ。


【!残時間00:00:00!】
【!これより爆発に移ります!】


アラート音が響くも、太はそれに気がつかなかった。憑依していたボムみが音も無く身体に重なり、暫くすると肌の至る箇所から青白い光を伴うひび割れがあらわれる。


「こんな――こんなはずじゃ―――」


そして、内側から弾ける様にして、一般人には知覚出来ない音と光を伴い、厚山太は木っ端微塵に爆裂霧消した。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


【!攻撃対象消失を確認!】
【!アナタ様の勝利です!】


2~3階層下の辺りで轟音が鳴った後、沙羅のアプリ上にはそのようなメッセージが表示されていた。


(とりま、生き残れたみたいね)


終わってしまえば実にあっけない幕切れだったなと失望する。太の能力は使い様によってはかなり凶悪な部類に入りかねなかった。周りの環境や事象も全て自分の都合の良いように意図しないまでも行使出来るなどと、序盤に出てくるべき能力ではない。チートも甚だしかった。


『おつかれちーん。おねえちゃんってば、やったね!初めはやる気の無いその辺の荒んだ女子かと思ってたけど、中々どうして凄いじゃん!ひとまずになるけど脱落せずに生き残れて本当におめでとう!!』


どこから湧いてきたのか、直ぐ傍にはいつのまにかボムみがいた。


「はいはいおつかれー。ところでぼむみっち、このタイミングで次の鬼って、誰になるの?」


『鬼になったものが爆死を免れた際、原則的には別のプレイヤーに憑依するルールだよ。だから名残惜しいけど、おねえちゃんとは暫くお別れになるかな』


出来る事ならこれを最後に二度と遭遇したくなかった。重さの無いスピーカー付の時限爆弾を抱えているようなものなのだから。


「そーなのね。まぁ今回みたいなレベルであれば、なんとかなりそうなんだけど。あれだよね、どーせこの先もっとエグい能力使う奴とか出てくるんでしょ?少年漫画よろしく強さがインフレしていくんでしょ?やだなーめんどいなー」


『おねえちゃんも充分強キャラの部類に入ると思うけどね!でも、他のプレイヤーの能力を他言するのは禁止だから、是非おねえちゃんの眼で確かめてくれたまえ!』


「確認する前にあたし以外の全員で潰し合ってくれって感じだけど。んじゃま、かる君病院連れて行かなきゃなんだし、そろそろ行くわ」


身を乗り出し、建物内部に滑り込む。地上へと戻る最中壁面等を観察するも、建物内部に特に損傷は見えなかった。


(あー彼氏欲しいなー)


生き死にを賭けた鬼ごっこの後とはいえ、沙羅は普段と変わらない平常運転だった。まるでそれまでのやり取りが無かったかのように、当たり前のように異性との交際を望んでいた。もはやこれは口癖に近い。夢が夢なだけに、己に言い聞かせている分もあるにはあったのだろうけど。沙羅は1階のエントランスを目指し、悠々と階段を降っていく。


わずか2日後、過去遭遇したことのないタイプの異性と、邂逅するとは露も知らずに。


【第一話 了】