自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【7/24 14:14:14 西乃沙羅 残刻 !s:to:p!】

「野垂れ死にしそうなぐらいに暑い――――酷暑、非常に酷暑」


「一番涼しげで奇抜な格好をしているのはお姉様ですけどね。そんなにお肌を露出させて、虫刺されとかは気にならないんですかぁ~?」


「薄河さんの衣装も大概だと思うけどなぁ。というか、∀κ♭4,800に所属してたの知らなかったよ、凄いね」


「えっ、そうなん? だからあんたはうちの迦楼羅(かるら)と親しかったのかい」


「どちらかと言うともう片っぽのセンターである銀城さんの方が懇意にさせていただいてるんですけどー、そこはまぁ同じアイドル同士のシンパシー? みたいな」


(身内や当事者が有名人って、なんだか肩身が狭いなぁ・・・・・・)



どんよりと曇り模様ながらも、茹だる様な熱気が辺りを蒸し返す午後二時過ぎ。


都会の喧騒から遠く離れた、S県は麦羅山(ばくらざん)が麓に広がる、余物(よもつ)樹海へ向けて道を行く、若い男女の姿があった。



西乃沙羅(にしのさら)・南波樹矢(みなみたつや)・薄河冥奈(うすかわめいな)の3名である。



「あたしの41番目の元彼と付き合っていた頃に覚えたのが、今の格好なんだけどさ。よくよく考えてみたら素肌の露出面が多過ぎるし、紫外線でメラニンとか大ダメージを喰らいかねないんじゃないかなぁって悩んじゃうのよな」


濃淡のはっきりとした翡翠色のチャイナドレスには、螺旋に渦巻く雲を突き破り咆哮する龍の刺繍が、日の光を受けて金色に輝いている。


踝まで覆った燕尾の半長靴と、肘まで伸びた褐色のオペラグローブのアンバランスさを帳消しにするかのような、2メートル近い長躯の持ち主。


そんな彼女――沙羅がぱたぱたと手扇を仰ぎながら、かぶりを振っていた。


ちなみに、普段の腰まで伸ばしたストレートを、頭の上で綺麗に結って纏めているのが、本日の彼女のヘアースタイルだ。


「仮にも指定場所が樹海付近なのにチャイナドレスで赴いている、西乃さんのセンスと感性が凄いって言うか・・・・・・」


目下夏休みであるにもかかわらず、群青色の学ランをツメまでぱっちりと閉めた、どこからどう見ても“The 中学生”でしかない風貌の、樹矢が応えた。


体感温度37度を越す猛暑のさながら、汗はかいているものの、気温に対する文句や鬱陶しさは微塵も感じさせない。


そんな、どこか涼しげな声の持ち主であった。


「いいじゃん! コスプレ。メイも時々地下ライブの時に衣装着るんだけどぉ、もしかしたらこれが最後になるかも~って、寂しくなって今回は着てきたんだし?」


桃色に染色されたボリュームのあるウェーブパーマを楽しげに揺らし、これまた“The 美少女”に相応しい整った顔立ちの、冥奈が沙羅へと同調した。


彼女の纏う原色豊かなライブ衣装は、“道化師が決死の覚悟で戦場へ赴く特攻服”をイメージして仕立てられたもの、らしい。


しかしながら、当然のように生粋のファン以外には、全く伝わらないこと請け合いであった。


「洋風と和風をごったにしたその服を着こなしているっていうんだから、流石はアイドルの貫禄だよね」


「や~ん、南波君のそーゆーさらっと褒めてくれるトコロ大好きぃ!」


「ザケんなメスガキ。あたしの99番目の彼氏に色目使うんやめろ。そのロールパンみたいな髪を掴んで引きずり回してやろうか」


「いやいやいや、僕はまだ付き合うって決めた訳じゃないし、それに返事もしてないし・・・・・・(本気でやり兼ねないからなこの人の場合)」



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―

つい先日のことである。


アプリケーション【BomB!maP】にて現存するプレイヤーに向けての告知があり、加えて特設動画サイト【BomB!TuBe】では、ことの詳細である動画がアップロードされていた。


『親愛なる紳士淑女のみっ、なっ、さ~ん。こんばんわんころ! こんにちにゃんにゃん! おはこけこっこよぉおおおおおおお!』


『ひさしぶりだね? 元気してた?? みんな大好き爆弾の擬人化――否っ! はたまた擬霊化――否いなぁああああ! てっぱァアアアアアアんすらぶち抜く自爆霊のボムみちゃんだよぉおおお!!』


『前置きはこのへんで。今日はね、ワタシからみんなに向けて、大切なお知らせがあるんだよ? なんかねー、今回に限って参加者なアナタ達がすっごいすっごぉおおい優秀ってのもあって、このままじゃ埒があかないので、晴れてゲームはネクスト・ステージを迎えることになったの!』


『きたる7月24日、指定の場所に夕刻18時までに指定の場所に集まって欲しいんだ』


『あ、ちなみに1秒でも遅れたらその瞬間爆死させにいかなきゃならないから気をつけて!』


『追いかけっこをベースとした今までの対戦規則は反故にして、短期間で且つバンバン敗退者が出る仕様に改変する予定だから、心ゆくまで心意気をみせてほしいのっ!』


『詳細は現地にて改めて説明するから。んじゃま、しーゆーねくすとでーいっ、ギャハハハハハハ!』



そんな具合に、半ば強引的に。



どうやら二回戦が始まるらしい。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―

ゆえに三人は目下の所、指定の目的地へと歩みを進めている最中であった。


そもそもが互いに敵同士である彼女らが一同に付している経緯として――まず沙羅と樹矢に関して説明を添えるならば、彼の窮地を彼女が救った後になんとはなしにつるむ様になったことが挙げられる。


北園・東胴・高低連盟が決裂した後、対象Aが樹矢にあてがわれた直後、二人でこの先さてどうしようかと困っていた際、彼のクラスメイトである冥奈から共闘の声掛けがあり、沙羅が加わって“三者間移行”が実行され始めたのが1ヶ月と半月前。


規則に則ったオフィシャルな制限時間の持続的な延長が行われる最中、前述の通知が成されたタイミングで。


現在この3人は勿論のこと、他のどのプレイヤーにも自爆霊が憑依していない状態にあったのだ。



自動車の往来が一切無い、灼けたアスファルトの道路を、和気藹々とした雰囲気の中で闊歩する道中は、それから15分後に終わりを告げる。


等間隔に地面から生えたガードレールの姿が消え、鬱蒼と茂る木々の群れが誘う、樹海への入り口へと辿り着いたからだ。



<コレヨリ余物樹海>

<命大事に 胸に手を当てて もう一度考えよう>



雨風に晒され、色あせた白樺の掘っ立て看板に、かような物騒な文言が、剥げかかったペンキで殴り書きにされていた。


「命大事に、ねぇ? あたしの場合、ガンガン行こうぜ――だけどさ。なぁ少年、場所的にはこの辺りなんだろう」


「ですね。殆ど樹海の入り口付近にマーカーがあったので。ん、西乃さん。ひょっとして、位置的にあれじゃないですかね」


スマートフォンのマップから顔を上げた樹矢が指を指した右斜め前方。



元より生えていた植物を 根 こ そ ぎ 排 除 したかの様に、オレンジ色の金属的な何かが、その場に鎮座していた。



「ふむ。どうやらこれってエレベーターみたいっぽい」


躊躇する事無く、すたすたと先へ進んだ冥奈がその物体を調べ、ボタンを押すと観音開きに前面がぱっかりと開いた。


「明らかに閉鎖空間に連れて行かれそうなんだけど、大丈夫かな」


「安心しなってば。何があっても沙羅お姉さんが少年のことを守りきってみせるからさ。ねねっ、ほっぺたでいいしチューしていい? ねぇ、チュー」


「あぁもう、そんなに密着したら暑いってば西乃さん」


「さすがはお姉様。心強いですー! (目の前で南波君が爆死したらどんなお顔をみせてくれるんだろう・・・・・・いかん、まだ我慢がまん)」



かくして、3人は地の底へと続く昇降機に乗り込み、垂直に下へ下へと降りていった。



残る5人のプレイヤーが待ち受ける、地獄の釜底の入り口へ。



誰も彼もが、引き返す選択肢などは、おくびにも出さずに。