自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/27 22:50:00 絵重太陽 残刻 --:--:--】

に角、それは突然の出来事だった。


晩飯を少女らと共に済ませ、退布高校付属中学校へ戻った後、わいわいと楽しんでいた。そこまでは良かった。


内一人である剣道少女が「肝試しをしよう」と提案をし、太陽を含む四人で夜の校舎を散策していた際、音楽室のピアノを弾きにいこうという流れとなり、扉を開けて室内に這入った際である。


バタン、ガチャリ、と。


閉められ、施錠が為される音がする。続けてその場からたたたたっと走り出す音も追随して。


絶対に負けることのない絵重太陽を斃すべく、鬼の姦計が猛威を振るい出した。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


【!鬼がアナタ様の300M圏内に侵入しました!】
【!至急退避或いは迎撃準備に移行してください!】


バイブレーションを伴い、アプリが警告の通知を鳴らす。太陽は半ば混同しながらもマップを見た。


画面全体が赤色に点滅を繰り返している。自分は現在対象B。どこから来るかは分からない。分からないがこの場所に留まるのは非常にリスクがあることだけは分かっていた。


即座に扉に向かって体当たりを繰り出し脱出を試みる。が、成人男性とはいえそこまで体躯に恵まれていない太陽には、施錠された密室から脱出することは出来なかった。


刑事ドラマのように簡単にはいかない。そのワンシーンは筋書きの無い人生を物語っているようでもある。


1分も経たないうちに後方の窓、外から内に向かって大きなナニカが飛び込んできた。


砲丸かと見紛うソレは、ごろごろと床を転がった後、むくりと立ち上がり人の形を為した後、言葉を発する。


「やぁやぁおばんです。2日ぶりかな?授業参観の時はすまなかったね」


腰まで伸びた漆黒の長い髪。2メートル近い雲衝くばかりの長身。口調こそ気だるそうなものの、表情は終始にやにや笑いを浮かべている、目の前の女は。


西乃沙羅である。電気が付いていない室内ながら、髪にまとわり付くガラスの破片が月の光を受けてキラキラと瞬く。


「少年がお世話になったしさ、お礼参りに来てやったのだ」


「・・・・・・俺を閉じ込めたのはお前の差し金か?」


分かりきっていることをあえて尋ねながら、太陽は注意深く沙羅を観察する。


教室の端から端まで、彼女との距離は凡そ7m弱。身体能力に差があり過ぎる為、逃げる事は絶望的といえよう。


かといって見上げるように高いこの女に、力づくでどうにか出来るとは思えない。


考えろ。喋りながらでも良い、時間を稼げ。


「そだよー。距離圏外ぎりぎりで先生のこと観察してたけどさ、学校から離れようとしなかったじゃん?その判断は正しいと思うよ。ただでさえ今は不審者とか浮浪者とか異常者とかサイコパスとか、生徒に危害を加えかねない人たちがいっぱいいるんだもの。警備もしっかりしているし、近隣に警察も控えている。うん。いいと思うよ。間違ってない」


しかしあたしを嘗め過ぎたな、と右手を前に突き出し、沙羅は自らの胸をドンッと叩いた。


「動画観てただろ?たぶんその辺にいるサラリーマンの2~3倍は早く動けるし、自衛隊の駐屯地ぐらいなら見つからないまま潜り抜ける自信はあるよ」


「その通り。甘く見ていた。謝りはしないが、反省はするよ」


スマートフォン110番をして電話口の警察官が応答し用件を伝えたとして、最短で見積もっても10秒以上はかかると太陽は値踏みした。


この場面で10秒など、永久に等しい。あっという間に補足されてしまうだろう。その方法では駄目だ、却下である。


「しかし解せない。盾としていた少女たちとはそれなりに関係性が築けていたと思ったのだが」


「凄い自信だね。羨ましい。確かにさー先生ってさー見た目イケメンの部類に入るしー?優しそうだしー??年頃のおんなのこならコロッといっちゃうかもしれないけどさー」


「なら金か?いくら積んだ」


「違うよー。今回もただの弟頼みだよー」


「どういう意味だ」


「かる君ってばさーすっごい人気なアイドルグループのセンターの片割れやってるからさー、生写真見せて合コンセッティングしてやるって誘えば タ ダ の 先 生 なんかよりもよっぽど魅力的だよねぇ」


明らかに挑発されていた。近くに刃物があれば迷い無く刺しに行っていただろう。それでも、なるべく表には出さないようにしながら、冷静さを装う。


「ひょっとしてZZのKAlulAか?お前の弟は。参ったな、そんなものを引き合いに出されちゃあ、流石の俺でも太刀打ち出来ない」


「ははは、そうだろうもっと褒めろ。あたしの最愛の弟だ。今度また飯奢ってやんなきゃだなぁ」


満足そうにからからと笑う沙羅の右方にある時計を見る。時刻は23時。巡回経路までは分からないものの、警備員は間違いなく校舎にはいる。ならば大声を出して助けを求めるか?


・・・駄目だ。今いるここは音楽室である。割れた窓からならば、ある程度の音は伝わるかもしれない。しかし壁に防音材を含まれているこの室内で、廊下外へのSOSは正確に届くとは思えない。


「にしてもさー先生ってば絶体絶命なのに割と余裕なんよね。なんか現状を打開する秘策でもあったりするん?」


「無いから困っているんだよ。どうだろう、ここは一つ許してはくれないかな。なんなら俺と南波の二人で協力して、三人で自爆霊を回せば良い。これなら誰も死なないだろう。ベストな案だと思うのだが」


玉砕覚悟で、窓から飛び降りおりる方法はどうだろう。3階とはいえ、頭から落ちなければ骨折で済むかもしれない。拮抗状態にあるものの、目の前の女が太陽に対して暴力を振るわないという保障はないのだから。


落下し、逃げながら助けを求める。これならば対抗しうるかもしれないと考えを巡らせていた瞬間。


ほんの瞬きをした瞬間、視界から沙羅が消えていた。


ガタリとピアノに近い机が音と立てて倒れる。マズイこちらに向かってくる!思うな否や太陽は右方向に走り出そうとした。したのだが、脚が動かない。動けない。


「ッ・・・!?」


見ると、抱きつくような形で、彼は沙羅に拘束されていた。


「つ~かま~えた♪」


対面の沙羅と後方の壁とに挟まれ、故にその場から動くことが出来ない。


沙羅は、足元に穴があるかのように身を屈め、同時に長い脚で机を蹴り、太陽の注意を右方に向けつつ反対側である左側方向に等間隔に並ぶ机の間を縫うようにして屈んで進んだ上での、通せんぼに成功した結果であった。


「ぐっ、このっ・・・・・・離せ!!!」


こうなればなりふり構ってはいられない。その場から移動できないとはいえ、肘から下は腕は動く。成功率は低いものの、どうにかして力ずくでこの女を引き離すしかない。身をよじり逃れようともがく。もがくが微動だに出来ない。その様がおかしいのか、くつくつと笑いながら目を細め、沙羅は太陽の耳元で囁いた。


「ゃ~ん、駄目だよ~。向こう17分間は何があってもくっ付いてるよう」


まるで恋人みたいだねと呟き べ ろ り と太陽の頬を舌で舐める。はからずとも生理的な反応で、鳥肌が立ってしまう。


続けてアラートが鳴った。太陽のカウントがスタートした証である。


「触れるっていうからさ、手で直接相手の肌に触らなきゃイケナイんだと思ってたんだけど。接触するってのが正しいみたいね」


「舐めてたつもりが舐められるとは、やるじゃないか」


「?」


逃げ出すことを諦めたのだろうか。数十秒の攻防であったが、すぐに太陽は大人しくなった。既に抵抗の素振りは見せていない。


「仮にだ。仮に俺がお前から抜け出しどうにか抜け出せたと仮定しよう。それでもきっと無理だろうな。いるんだろ?協力者が――出てこいよ南波ィイ!!!!!!」


普段出さない激情を伴う怒鳴り声でもって、はたして掃除用具を納めたロッカーが揺れる。暫くして、内側からドアが開き、樹矢が姿を現した。


「お前の言うとおり俺はただの教師だ。スポーツマンでもなければスーパーマンでもない。ゴリラみたいなドラミングをドヤ顔でするお前からも逃げられないだろうし、逃れたとしても南波がいる」


「なんだよ降参?案外早いんだね。早すぎるのは女の子に嫌われるよ?」


沙羅の好戦的な問いかけを無視し、尚も太陽は続ける。


「ただなぁ、信じられないんだよ。動画を見た際にも感じたことだがお前の動きは 人 間 の ソ レ を 遥 か に 超 え て いる。なんでだろうな?もしかしてそういう能力とか?」


「・・・何がいいたいの」


「繰り返すが、あくまでこれは全て仮定の話だ。女、お前の能力はひょっとして身体能力を爆発的に上げる、とかじゃないのか?」


ビルとビルの間を飛び越え、300M圏内を短時間で駆け抜け、梯子も何も使わずにその身一つで3階まで壁伝いによじ登り、息一つ切らさない事が人間に果たして可能であろうか。太陽はそれが能力であるものだと考察する。


「さすが先生。仰るとおり、あたしの【ワンダーラビット】はそんな感じのチカラさ。よく分かったね、やるじゃん」


「現在進行形で俺はかなり追い詰められているが、まだ奥の手を隠している気がしてならないよ。南波をセコンドに置いているのは、例えば――他対象にも能力を貸し与えられる、とか?」


「・・・・・・・・・」


「沈黙は金という諺があるが、この場合は肯定と受け取っておこう。あぁ、勘違いするなよ。俺にも能力はあるが、お前ら自体をどうこう出来はしないからな」


「じゃあ先生の負けで終わるだけじゃん。負け惜しみか何かかな?」


「違う、違うそうじゃない。はははっ。いやさ、これは素直に感心をしているんだ。開始早々ここまで追い詰められるとは思わなかったから、自分でも驚いているだけってことで。案外早く終わるんだなぁと感慨深いまである」


その場にいる沙羅は勿論、樹矢ですら目の前の教師がこうも余裕な雰囲気をかもし出しているか分からない。意図がつかめない。


「意外と短かったが、ここ5日間ばかりはそれなりに楽しめたよ。映画鑑賞では味わえない、スリルや興奮を身を以って体感できたんだからな。だからまぁ、あれだ」


ぎろりと音がするぐらいに目を見開き、太陽は沙羅に向けて言い放つ。



「俺 は 降 り る ぞ あとはお前らで好き勝手、殺死合ってろ」



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


絵重太陽。29歳。職業。中学校教諭。担当教科は社会科。


そんな彼が有する、【エスケーパリバブル】は。


プレイヤー権限を他人に譲渡する、能力であった。