自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/27 17:50:00 絵重太陽 残刻 --:--:--】

留め損ねた。何度目になるか分からないが、太陽は前髪をぐしゃぐしゃと撫でながら己の詰めの甘さに舌打ちをする。


ボムみに憑かれた後、一日様子をみて出来る限りのことはしたし、やれるだけのことはやったつもりであったのに。まさかあの場面で初戦の勝利者が乱入して来るとまでは想定していなかった。入念に準備をしていた分、狙撃とは別のイレギュラーを考慮していなかった準備不足が悔やまれる。


制限時間を消化する前に鬼の役目を免れたので、爆死することは回避できた。だからといって精神的にダメージがゼロかといえば、それを即座に肯定できる程に絵重太陽はメンタルの強い人間ではなかった。後悔先に立たず、多少なりとも苛ついてしまう。


「せんせーい。どうしたの?何か嫌なことでもあったの?」


「なんかあったらウチらに言ってよね!太陽ちゃんを苛めたりする奴らがいたらまとめてぶっ飛ばしちゃうよ」


「そだよそだよ。先生には私たちがついているんだし安心しなよ」


6限目の終了を終えるチャイムが鳴った後、それなりに時間が経っているにもかかわらず、数人の少女が太陽を中心とし周りを取り込んでいた。


「ん?あぁ違うんだ。ちょっと今日の授業参観でフランクにし過ぎて君等のお父さんやお母さんが不快な気持ちにならなかったかなぁって」


勿論でまかせである。事実太陽にとって授業参観など心配する必要は1ミリもなく、意に介さないというかむしろ煩わしいくらいのイベントでしかなかった。南波を退場させる追い風でしかなかったのに、功を奏さなかったのは置いておいても。


「だーいじょうぶだよ。ママには太陽ちゃんが凄く良い先生だっていつも言ってるし」


「それにあと1年しか一緒にいれないじゃん?それまでもっと思い出たくさん作らなきゃ」


「もうすぐゴールデンウィークだしね!今年は皆でどこ行こっか~?」


まだ決まってもいない大型連休における予定について、各々がやいのやいのと意見を交わす様を見て、片肘をつき顎を手の甲にのせ、太陽は爽やかな笑顔を浮かべながら、思う。


(お前たちが傍に居、俺を慕い称えてくれる。それだけでいい)


一般的にはロリータ・コンプレックスであったりペドフィリアと混在されがちであるが、太陽の場合は少しばかり勝手が違っていた。


大の少女好きである。それも重度の。


むしろ依存症と言い換えた方が正しいのかもしれない。自分の特性に気がついてしまった17歳の夏、彼は死に物狂いで勉強し、見事教員免許を取得し今に至っていた。


彼女らより望まれれば、性的な関係を持つには持ったこともある。が、太陽が一番快感を覚えるのは行為自体ではなく、今この時この瞬間のような、何気ない日常のワンシーンであった。


共依存とまではいかないものの、普通に生活するだけでは得れない彼女らとの関係性に、気持ちよさを感じる。


その為だけに生きている。ならばまだ死ぬ訳にはいかない。


ゆえに何人たりとも邪魔はさせない。


だから障害はとなる者らは、全身全霊全力でもって排除する。


姦しい彼女らを脇目に、太陽はスマートフォンのアプリを立ち上げた。


二日前対戦規則に追加が為されたものの、それから変動は起きていなかった。


七.対象Aが誤ってプレイヤー以外の人間に触れた際、10分間のペナルティが発生する。ペナルティ中には対象B・Cに触れる権利を有さない。


【BomBTuBe】を見る限り、あの長身の女は普通の人間の何倍もの運動能力を有しているのは、自明の理であった。南波からあの女に自爆霊が転依してから48時間以上が経った今も、未だ襲撃はない。なかったが、仕掛けてくるのであれば今晩が山だと太陽は考えていた。


この七項及び周りの少女を盾に、あの女からの攻撃を防いでやる、と。


上司である教頭には「来期の指導要録の見直しで本日は泊りがけで職務をさせてくれ」と上申し許諾は得ているし、目の前の少女らには「手伝ってくれるって体で折角だしお泊り会をやろう」と提案し快諾を得ている。


未成年とはいえ、陸上部・剣道・日本拳法で各々がインターハイ出場を果たす程の、身体的能力ベースが高い者達に声をかけた。最近この辺りに不審者がいるから守ってよと冗談まじりに呟くと、俄然ヤル気が出たのか、頼まれてもいないのに彼女らは各々の戦闘服となるユニフォームやらバッシュやら胴着やら竹刀やらグローブやらメットやらを身に纏って奮起をしていた。


それでも、あの女と比べると体格差があり過ぎるので、これだけで対処出来るとは断言できない。断言できなかったので、念には念を押し前述の不審者の件を警備員に伝え、周辺の強化及び警察部隊への注意喚起を促している。幸い退布高校付属中学の近くには派出所が存在しており、夜間の増員が為されたことは本日昼過ぎに聞いている。


通報を行えば到着するまで5分とかからないであろう。仮にあの女が現れたならば、何か適当に理由をつけて警察官を呼び、速攻で身柄を拘束する。


あとは制限時間内を逃げ抜くだけであった。ひょっとすれば、自分以外のプレイヤーに仕掛けに行っている可能性はなきにしもあらず。しかしながら油断はしない。厠に赴く際ですら、周りを固め確認をしながら事にあたっているのだから。


「でもさー冥奈ちゃんが参加しないのは寂しいってか残念だよねー」


「それな。なーんも部活入ってないのにたぶんあたし等が束になっても構わないもん。スペック高過ぎよマジで」


「超絶お兄ちゃんラブだしね。でもなんかちょっと前からすっごいテンション低いんよね。なんかあったのかな」


目の前の少女ら程には関係性は築けてはいないものの、彼女らが言うように薄河冥菜の姿はここ3-C教室には無かった。


表の理由と裏の理由を知ってはいるが、教師という立場を慮って、太陽はあえて詳細を話さない。


「まぁアイツも色々あるんだろう。それより、少し早いがみんなで晩飯でも食べに行かないか?今晩は先生がなんでも奢っちゃうぞ~」


わーい!行く行くー!創作系ビュッフェ行こビュッフェ!等と少女らははしゃぐ。露骨過ぎる話題のすり替えではあったが、気は移ったようで、満足そうに太陽とその一行は教室を後にした。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


古今東西、ここまであからさまなお膳立てというか、大抵の場合事前説明は負けフラグであるのがテンプレートであり格式美である。


だがしかし専らスポットを当てられている絵重太陽は、この先も決して負ける事はないと注釈をくわえておこう。



勝てるかどうかは、現時点では未だ分からないにせよ。