自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

対象→薄河冥奈の場合【裏】

(のち)に知ったことだが、あたしの義理の父親はそこまで不真面目な人間では無かったらしい。


ただし、怒ったならばちょっぴり乱暴になるというだけで。


とはいっても酒に酔った勢いでお母さんに暴力を二度も振るったのは事実だったし、何よりそれを娘であるあたしに見せようとせず――ひた隠しにしてきた事が癇に障ったのもまた、事実だ。


「あの人はね、少し癇癪持ちなだけなの。だからメイちゃんが心配することなんて、なんにもないのよ」


お母さんはそう言いながら、しばしばあたしを安心させようとしていた。


あと三年もすれば40歳に差し掛かる年齢にもかかわらず、どこをどうとっても20台後半にしかみえない美貌を、その陰のかかった笑顔が余計に引き立てていたのが皮肉だったと記憶している。


薄倖ながらも温かく・麗美ながらも優しい、あたしの大切なお母さん。


(これ以上、無理をさせちゃあ駄目だ)


あたしは決意した。それでも、愛情や好意を寄せてこない相手をどうにかするのは、いささか気が進まなかったとはいえ。


暫くしてから、義理の父が不慮の交通事故に遭って亡くなった。


お母さんはとても悲しんでいた。これはあたしにとって意外だった。


ハルヒコさん・・・・・・うぅ・・・・・・なんで・・・・・・どうしてよ・・・・・・」


しとどに涙を流し、夜な夜な嗚咽を漏らすお母さんを眺めながら、あたしは幸と不幸が入り混じったような感覚に辟易する。


(どうしてよ、って。こっちのセリフなんだけど。折角お母さんを虐める奴がたまたま居なくなっただけなのに、なんで喜ばないのよ)


そんな生活が1年ほど続いた後に、あたしは小学校から中学校に進学していた。


義理の父親の保険金が入ったものの、我が家は裕福からは程遠かった。


なぜならば二人目の夫の死から立ち直ったお母さんは、彼が暴君へと変質するトリガーである忌むべき酒に溺れるようになってしまっていたから。


当初はパートで働いていたとはいえ、そのうち直ぐに辞めてしまい、彼女はホストクラブ目当てに夜の街に繰り出す頻度がどんどん増えていった。


あたしは一人で過ごすようになり、やがては冷めた夕食すら出てこない日常の真っ只中に放り出されていた。


予定と違った。違う、そうじゃあない。


あたしが望んでいたのは“これ”じゃあない。



ある日、お母さんが明け方に一人でお家に帰ってきた。今日は珍しくゆきずりの男も連れていない。彼女とそれらが交わる雑音を耳にしたくなかったので、いつもならば外にジョギングに行くのだが、この日に限っては、その必要はなかった。


「アンタにはねぇ、お兄ちゃんがいるんだよ」


そう、唐突に。


アルコールの匂いを口から漏らしながら、お母さんはあたしに向かって喋り出した。


「にしてもアレは本当に出来損ないだったわ。アンタと違って頭も悪いし、いつも家の中に引き篭もってマンガやらアニメやらをジーーッと観ているの。折角お腹を痛めて産んであげたのに・・・・・・ったく、メイちゃんが出来なかったら、勢いあまって殺していたかもしれないわね」


頬杖をつきながら憎々しげに吐き出すお母さん。酔っているからだろうか、口からデマカセを吐いているのかな。


ていうかおにいちゃんって言ったの? お母さんが最初に離婚したのはあたしが小学校4年生の頃だったし、思い出す限り兄の姿が自宅にあった記憶は無かった。


・・・・・・などとあたしは思うも、彼女の語りは一向に止まらない。


「それはそれは不細工な子でねぇ。前の前のお父さんもそこまで格好良くは無かったけれども。醜すぎたからね、二階の角部屋から一歩も外に出した事が無かったから、メイちゃんが知らないのも無理はないのかもね」


いや、待ってよお母さん。人間一人を十年以上もずっと部屋の中に閉じ込めるなんて、それなんて監禁?


ご飯は? それにお風呂は? 何よりもトイレとかはどうしていたの?


「きっちり躾けたからさ。どうしていたか聞きたい?」


無言によって訪れる、暫しの静寂。


なのに沈黙は肯定だと勝手に受け取ったのか、お母さんは頼んでもいないのに勝手に説明を始めていた。


「~~~・・・・・~~~・・・・・・・・・・・・~~~~・・・・・・・・・」


理解するにおぞましい内容だった。


あたしは途中から思考するという行為を放棄して、得意げなお母さんの顔だけをじっと見ていた。




―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


その日からちょうど3年の月日が経った今日に、あたしはお母さんが入院している病室へと訪れた。


仕切られていたブラインドを勢いよく開け放ち、左手で頭をぽんぽんと叩いてから、声を掛ける。


「ただいまーお母さんー・・・・・・って、まーたお見舞いの果物に手をつけていないの。も~! ちゃんと快方に向かう為にもちゃんと食べなきゃ駄目じゃない」


お母さんはうっすらと笑みを浮かべたまま半目を開けてじっと佇んでいる。


「しょうがないなぁ、あたしが剥いてあげるよ。あ、この梨ったら腐りかけじゃん。んー・・・・・・でもその辺が一番美味しくなるって言うし、勿体無いし食べちゃおっか」


熟れ過ぎたライムグリーン色の梨を、果物ナイフで丁寧に皮を剥いていく。


「そーいえばねぇ、これは報告なんだけどさ。最近あたしってば超エキサイティングな事件っていうかゲームに巻き込まれ気味? なの。それこそマンガやアニメみたいでねぇ、負けたら爆死しちゃうんだよー。怖いよねー」


お母さんはうっすらと笑みを浮かべたまま半目を開けてじっと佇んでいる。


「それとねー。ゲームがはじまる前にだけど、あたしのおにいちゃんに会ってきたんだ。お母さんが散々格好悪いっていうから超キョドりながら向かったんだけど、全然違ったから焦ったよ~。ていうかめっちゃタイプだったし、血縁じゃなけりゃあ100%お嫁さんになってたってば」


ぐずぐずに崩れた果肉を丁寧に、それでいて無造作にお母さんの口元へと運んでいった。


「おにいちゃんもあたしの事すっごい気に入ってくれてー。んで、趣味がアイドルグループの応援みたいだったから、もっと喜ばせようと思ってあたしもそこに入団したんだよ。知ってる?“∀κ♭4,800”ってアイドルグループ。序列的にはまだ上から4番目の“名探偵-クラキ-”なんだけどさぁ、もうちょっと頑張ればすぐにでもセンターに上がれる気がするんだよね。お母さんに似てあたしってば、美人の部類に入るんだし」


お母さんはうっすらと笑みを浮かべたまま半目を開けてじっと佇んでいる。


「でももう頑張る必要も無いのかも。だって太おにいちゃんはもう死んじゃったし。それを知って一瞬ね、あたしってば自殺しようかなぁって思っちゃった。けど、駄目だよね。折角お母さんが授けてくれた命なんだもん。無為にするのは良くないよね」


押し付けた腐りかけの梨は彼女の唇に遮られて、べちゃべちゃと汁が純白のシーツに垂れては滲み、そして歪に広がっていく。


「だからね、あたしはおにいちゃんの仇を取ることにしたっ! お兄ちゃんを負かしたあの大きいお姉さんを、今度は逆にあたしが負かすの! ついでに仲良くしている南波君も片付けるかどうかは悩み中~。それを邪魔してくる奴らは問答無用で排除するけどねっ」


お母さんはうっすらと笑みを浮かべたまま半目を開けてじっと佇んでいる。


「このゲームは負ける=死んじゃうだからさ、もうまどろっこしい方法を執らなくてもいいんだよ。だからすっごい気が楽なのあたし! 何回か経験してもホラ、やっぱり 人 を 押 す って躊躇っちゃうし」


やや形を崩しながらも切り分け終わった果物は、全てお母さんに食べさせてあげる事が出来なかった。糸を引いている黄緑色の涎が、西日を受けてキラキラと輝く。


「さて。じゃあそろそろ帰るね。あたしが次に来る時には、しっかりフルーツ食べとくんだよ? 残しちゃってたら嫌だよ?」


お母さんはうっすらと笑みを浮かべたまま半目を開けてじっと佇んでいる。



棚に置いた鞄を持ち、あたしはお母さんの病室から退出した。それと同時に、後方から絹を引き裂いたような絶叫が聴こえて来た。


廊下の突き当たり角から、担当医らしき中年男性が、聴診器やら注射器やらが載った銀の台座を押しながら駆けてくる。


「あぁ、娘さんかね。どうやらまた発作が始まったようで。おかしいな、最近はかなり落ち着いていたのにどうして突然・・・・・・」


「さぁ。何か嫌な事でもあったんじゃないですかね。ともかく、母をよろしく頼みますよ」


左手で口元を押さえながら、あたしはその場からそそくさと立ち去った。


(ゲームもそうだけど、この能力ってば結構便利なのね)


ほんの少し釣り上がった口角が見られていないがちょっとだけ不安だったけど、白衣の姿は病室内へと姿を消していた。




―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―

午後10時半過ぎ、俺はかねてから狙っていた薄河冥奈なるプレイヤーの襲撃に成功した。


電燈の明かりすら疎らな、人通りの少ない路地のちょうど真ん中のあたりで、俺は俺と俺で彼女を挟み撃ちにした。


向かい合ってじりじりと詰め寄る右手と左手にはマチェットナイフと脇差(ドス)が握られている。キラリと光るその獲物に恐れをなしたのか、薄河は脱兎の如くその場から逃げ出した。


更に細い路地を走る眼前で、別の俺が通せんぼをする。行き先を塞がれた彼女は、面白いように事前に想定していた経路でもって駆けていく。


笑いをかみ殺すのに必死だったが、にたにた笑いは止まらなかった。


袋小路にある廃ビルへと辿り着いた薄河は、後ろを振り返りながらその中へと消えていく。3階建てだったこともあり、俺は残る二人の俺を踊り場に配置することによって、最上階へと追い込むに至った。


「おいー。おいおいお~~い! 何、え? なになに? もうオシマイなんかよ。仮にも参加者なんだからさァ、もーちッとばかり、根性見せろよなー。抗えよなー」


遅れて通路を塞いでいた俺らがビルの3階のワンフロアに集結する。元は集会場だったのだろうか。壁には長机が乱雑に積み重ねられており、反対側の窓からは月明かりが差している。


「処刑者・・・・・・が六人もいる、なんてっ・・・・・・聞いて・・・・・・ないわよ・・・・・・」


肩で息をしながら両膝を掴んで息も絶え絶えな対象は、よもや抵抗の素振りを見せる気配は微塵も無かった。


「バッカかお前ェは! 参加者ごとに固有能力が付与されてンだったら俺にも備わってて当然じャネェか!」



軽里玖留里、処刑者。


彼の有する能力――【マッドスワンプマン】は、自己を意識の数だけ複製できるチカラであった。



「触れれば時間制限に囚われるテメェらと違ってよー。俺は何度死のうがやり直せるし、自爆霊の対戦規則には縛られねェんだわ。だからこうやッて――」


月明かりの差さない壁際の暗黒から、不意に彼が複製した別の軽里が踊り出し、右足を薄河に押し出した。


「うぐっ! ・・・・・・ぐぇえ」


胸の真ん中より少し下あたり――鳩尾に突き刺さったつま先の衝撃で、薄河はついに両膝を地に着けて、烈しく胃の中の物を吐き出した。


「汚ねェなァ。それでも女子かよコラ。まぁ蹴り出した感触は小気味良かったけどよォ」


「げほっ・・・・・・うぇ・・・・・・」


軽里は確信していた。自身はここでこの女を無事に処刑出来るのだと、疑う事無く確信していた。


ほどこす手段とくわえる手間の問題だけであったのだ。


どれだけ残虐に、どれだけ長期に亘っていたぶるか。それだけしか考えていなかった。


「アンタなんかに・・・・・・あたしはやられない・・・・・・やられはしなのよ。だって、あたしには□□□ちゃんがついている・・・・・・」


「あァん? なんだって?最後の方ちゃんと聞こえなかったからもっかい言えや」


「あたしにはおにいちゃんがついている、つってんのよ。負けない、負ける訳がない。ただ増えるだけのアンタなんか、全然怖くない・・・・・・」


息も絶え絶えながら毅然とした態度で睨め付ける薄河の視線は、軽里を酷く苛立たせて――そして更に嗜虐心を刺激した。


「増えるだけ、とな。女ァ、吐いた唾飲むなよ。この俺が増えるだけだと思ったら大間違いだぜ」



言って軽里は、己の顔を両手でがしりと掴み、そして皮膚ごとそれを引き千切った。



「!!!」



軽里の顔は、



「どうだァ? てめェの大好きなお兄ちゃんの顔にそっくりだろォ」



爆死した筈の厚山太と瓜二つの様相に変貌していた――――!!!



「俺みたいに長い事遊戯に興じているとよォ~、固有能力の更に先の境地に至ったって訳なんだなコレが」


呆然としていた薄河は、はっと他の処刑者達を見遣ると、全員が全員ともかつての兄の顔と背丈と姿にすげ代わっていた。


ごくりと息を呑む。現実離れした光景に、彼女は身が震え出していた。


「ぶっ、ぶふぁ! ぶるぶる震えちゃって可愛いなぁメイちゃんはさぁ~。殺すのは勘弁しないけど、せめてもの慰めにおにいちゃんが今から六人がかりで愛してあげるからねぇ」


聴けば声色・口調まで兄のものとなっていた。


唖然とした薄河は、自身のポニーテールにした右側の髪束を乱暴に掴まれて、無理やりに立たされた挙句、力任せに壁へと投げつけられた。


背中にドスンと大きな衝撃が走る。それでもまだ呼吸は遅いままだった。



しりもちをついたままに面を上げると、じわじわと獣の群れが自らに群がってきている。



(そんな・・・・・・こんなことって)



お腹の辺りから、こじ開けるようにして服を破られる。ボタンが弾け飛び、暗がりに素肌が顕わになった。



(もう諦めていた・・・・・・おにいちゃんにまた会えるなんて・・・・・・信じられない)



続けて下着も引き剥がされる。完全に胸元が開けっぴろげになる。



(うれしい・・・・・・うれしいな・・・・・・だって・・・・・・だってあたしってば、おにいちゃんの・・・・・・)



首筋に這わされたぬるりとした舌と唾液の感触で、薄河は。



(――おにいちゃんの“最高の表情”を見れるチャンスをもらえたんだ――)



兄の風貌をした処刑者の頬に、優しく手を添えた。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


「――――!? 痛!?!? えッ、痛ッ!!!」


哀れな獲物から差し出された掌に触れられた皮膚の中側から、理解不能な痛みが軽里を襲った。


そして身を引いた瞬間、腹筋でもするかのように上半身を起こした薄河の頭部が鼻っ柱に激突する。


「ぶふぁ!!!」


鼻血を流して思わず目をつぶる処刑者を払い除け、颯爽と薄河は立ち上がった。


「てめェ~、死んだぞ!」


蹲る兄モドキ(A)の近くに佇んでいた兄モドキ(B)が刃物を携えて迫って来た。


薄河は胸の左側――心臓が存在する位置に手を添えて、右足を引いて半身の構えを取る。


(ん。解除完了なの)


距離を目前として、胴体目掛けて刺し貫こうと振りかぶったその瞬間、薄河は引いた足の踵を地に叩きつけ――推進力を前方へ向けたすり足で左足を一歩前に詰めた。


軽里が後ろに限界まで振りかぶった地点で、手首に左腕をあてがい、ひらがなの“く”の字になった右肘に右手を添えて、 地 球 に 向 け て 彼 女 の 全 体 重 を 押し付けた――!!


「!?」


まるで鉄棒のように右上腕を支点として回転する軽里は、一体何が起きているのか判断できなかった。1~2秒後に後頭部を床にぶつけて、割れた頭蓋から脳漿が飛び散るまで、生きている間は永久に理解に及ばなかっただろう。


ゴトンッという耳障りな音が鳴る。


その一連の流れを他の自身が目視する事で初めて、状況が一変していることを知覚した。


「いっきょう、おもて。次――来なよ」


相変わらず半身をきったままの薄河は、残る五人に向けて不敵な表情を浮かべている。


「来ないんだったら、こっちから行くけど?」


構えを解いて、悠々と。まるで散歩に赴くかのようにこちらへと向かってくる。


(はァ? なんだ今のは? 身体能力は至って普通の女子高生だろうが?)


驚きを隠せないままに、今度は初めに彼女に立ちはだかったマチェットナイフ持ちと脇差(ドス)持ちが、同時に薄河へと牙を剥いた。


武器持ちに対して素手、そして未成熟な女性である。


だが彼女は先刻と同様に、軽里が得物を振るうほんの少し先に動いて、まるで踊るようにしながら、二人を二人とも軽々と投げ飛ばした。


「げだんあて――からの――さんきょう、うら。はい、次・・・・・・って、あらら。あたしってば仕留め損なっちゃってるし。だめだなー、やっぱり最近運動してなかったからかなー」


気がつけば、残り3体。あっという間の出来事に、処刑者たる軽里は戸惑いを覚えざるを得なかった。


(超スピードだとかそんなチャチなモンじャねェ)



武道を志す者であったならば一度は耳にしたことがある、“後の先”という用語がある。


言い換えれば相手に合わせたカウンターでしかないのだが、一介の女学生が披露した其れは見事の二文字であった。



襲い掛からんとする自身のコピーに対し、彼女は野球におけるピッチャーが投球モーションを終えた直後のように、背中全てが相手に見えるほど深く右前へと身体を沈め、打ち出された弾丸のように超低空姿勢のまま腰からぶつかって来た。接触した腰骨と挟み込んだ右肘をそのまま後に捻じ切る様にして、駒が如く回りながら顔面から地面へと激突した瞬間、頚椎を損傷し倒れたのが一体目。


(動き自体はそこまで早くないのに、まるで未来を読んでいるかのように立ち回ってやがる)


怯む事無く向かった二体目のコピーは、脇差を突き出すも後にひらりとかわされて、握った右拳を支点に今度は前へと引き倒された。倒されるまでの刹那に、手首と肘の関節の可動域を大幅に超過した締め上げによって、右腕の骨は粉砕されている。


痛みに歪み呻き声を上げるコピーに馬乗りになって、あろうことは薄河は取り上げた脇差でざくりざくりともう片方の左腕を刺しては貫き、貫いては刺していた。


「痛いの? ねぇねぇ痛いの? ちょっと、ちゃんとあたしを見て! お顔を見せてくれなきゃ、意味が無いじゃないの」


無邪気な子供のように。きゃはきゃはと笑いながら。



処刑者を、逆に処刑していた。


獲物が得物をもってして、狩人を喰らっていた。



頑なに顔を見せんとじたばた動く対象に興が削がれたのか、脇刺を逆手に持ち替えて横一閃に首の前を引いて、絶命したのを確認し、すくっと立ち上がった薄河。


肌色を濡らす赤色の体液をぺろりと嘗めながら、残る三人を見据えている。


「あっ! なに勝手に元の表情に戻ってんのよ。駄目じゃない、あたしが見たいのはあなたじゃないの! おにいちゃんの“最高の表情”がみたいの!」


動揺した所為か、軽里はいつの間にか変容状態を解除してしまっていた。


「その、“最高の表情”ッて奴ァ一体何なんだい」


恍惚然とした表情で、薄河は応える。


あたしを愛する人が苦悶で歪める表情よ、それを創って鑑賞するのが、人生の唯一の愉しみなの」


ぞわりと肌が粟立つ感触に、軽里は戦慄する。


「こんな直接的じゃなくて――何時もならばもっと時間をかけて。もっと手間をかけて。積んで、積んで、積み上げて。整えて、整えて、整え上げて。そして最後の最後にぐちゃぐちゃにするの。ねぇ? 素敵でしょ」


(殺人が趣味の俺が言えた事じゃないが・・・・・・この女イカレてやがる)


彼我の戦力差はまだまだ軽里にあった。本体と、コピーが2体。凶器は鉄棍棒・バタフライナイフ・包丁。何故かコピーの一体が上手いこと指示に従わないが、それでも薄河とは2対1である。


近付くと投げられる。投げられるとほぼ間違いなく致命傷を受ける。ならば、慎重に組み伏せて有無を言わさず滅多刺しにするしかないと、軽里は考えた。


「お・・・・・・ィおィ待てよ。悪かった、俺の負けだ。今日はここらで勘弁してくれねェか?」


「えー。嫌なんだけど。あたしもっと観たいもん」


「そう駄々を捏ねんなよ。お前ェの望みを聞こうじャねェか」


「だからもっとおにいちゃんの苦しむ顔が観たいんだってば~」


ぬらりとした血液を滴らせながら、ゆらりと不自然に揺れる薄河の背後――倒れているコピーが音も無しに分裂を始めていた。


「ここで俺を逃がしてくれれば、また遊んでやるからよォ」


「駄目。今がいいの。もっと、もっと欲しいの。ちょうだい、ねぇ? ちょうだいってば――」


完全に一体の人間の形を為した軽里のコピーは、予備動作のないまま後から薄河を羽交い絞めにした。


「あっ」


「~~~ッ!! ひャーーーーはァあ!!! 捕まえた! 串刺しだ! 穴だらけの蓮根みたいにしてやんよォ!!!」


二度目の確信。これは処刑では無く対峙したプレイヤーへの勝利の確信に近かったが、それでも薄河は肘から上を後に曲げて、コピーの顔を撫でた。



彼女の固有能力――【ニードレストレス】


曰く――触ったモノを遅くする力が、処刑者に再び炸裂する。



「がァァあああああああ!!!!」


「あたしが“触”れたものは、みな“腐”れる。まぁ、その他にも色々使い道はあるんだけど、ここはひとつ企業秘密ってな感じで」



例えば、母親の意識を極端に遅くして――流れるときを緩やかに装ったりだとか。


例えば、自身の鼓動を極端に遅くして――普段以下の身体能力を装ったりだとか。


この場合、彼女は触れた一部分――皮膚の下を流れる血液の流れを部分的に遅化せしめた。


いわゆる、簡易的動脈硬化による激痛が、処刑者を襲っていた。



「ぐっ・・・・・・クソがクソがクソが!! ぶッ殺してやんよォ!!!」


玉砕覚悟で、残る内の一体が滅茶苦茶に包丁を振り回しながら薄河に突進を試みてきた。


「ははっ。超ダセェんですけど」


振り回す刃物の動きを線で捉えたならば、一見して殺傷能力は広範囲に思われるかもしれない。


しかし薄河は点でそれを識別し、縫う様に接近しながら肌と肌が触れ合うぐらいに密着した状態で、真上に腕を掲げ、軽里の顎を優しく掴んで。



「いりみなげ、もとい――釣瓶落とし“魔車”――でやぁ!」



0.1秒にも満たない、それは実に無駄の無い動きで足払いを放ち、崩れた体勢を重力に相手と自分との全体重を掛け合わせ、脳天を床へと叩き付けた。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―

廃ビルの屋上で、一人の少女がうららかに佇んでいる。


まるで強姦にあったかのような衣服の乱れ具合に加えて、振り被ったおびただしい量の血液は、凄惨さを極めるものであったのだが。


彼女は、薄河冥奈は。


星空を見上げながら、ぽつりぽつりと呟いていた。


「結局逃がしちゃったかー。楽しかったなー。また会いたいなー」


憑き物が落ちたかのように安らかな表情で、それでいて邪悪そのものの精神を内包しながら。


「待っててね、おにいちゃん。次はもっと。もっと」




――死がご褒美だと錯覚するぐらい、酷い目にあわせてあげるからね。




【対象:高低ふるる→生存】

【対象:高低ほろろ→生存】

【対象:東胴回真理子→生存】

【対象:薄河冥奈→生存】


【第三 . 五話 了】