自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【6/6 6:06:06 東洞回理子 残刻 --:--:--】

を射んと欲すれば先ず馬を射よという諺は、案外知られているようで知られていない諺であるのはさておき。


去る1ヶ月程前まで、回理子はゲームから脱落しない為に、自らと手を組む同盟の存在を切望していた。



切望して、渇望して。



絶望に押し潰れないように、状況の打破を心から希望していた、彼女。



望んだ結果、今は北園と高低という協力関係にあるプレイヤーと接点を持てている。


前述にある諺は「相手を屈服させる、または意に従わせるようにするためには、まずその人が頼みとしているものから攻め落としていくのが良いという喩え」が意であるのだが。



彼女が欲した同盟が「馬」であったとすれば、彼の射んとせん「将」とは、果たして何に置き換わるのだろうか。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―



どんよりと曇りに曇った鈍色の空から鉛のような雨粒が降り注ぎ、それらがしきりに窓を叩く音で、回理子は目を覚ました。


喉が渇く。悪寒がする。ひっきりなしに頭が痛い。火照った身体は汗でびしょ濡れになっており、あからさま過ぎる風邪の症状を物語っていた。


体温計を口に咥え、計測した結果が39度1分。高熱も高熱、立ちあがるのでさえ辛い。季節の変わり目だとは言え、完全に油断していたと後悔に打ちひしがれる。


(かなりしんどいけど、交代の期日って確か今日だったんだよね・・・・・・)


現在の鬼――対象Aは北園である。あと数時間ばかりで、猶予である72時間が経過しようとしていた。


(会社は勿論休むとして――さっさと終わらして病院に行こう)


部屋着から外着に着替えるだけでも億劫だというのに、雨脚は更に強さを増し、それこそ雷まで鳴り始める始末。自爆霊は憑いていないものの、つくづく自分はツいていないと、己の不遇というか体調の不調を嘆きつつ、回理子は亜麻色のパステルカラーの傘を片手に、自宅の玄関を跨ぎ外へと向かった。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―



ふらつく体幹を、強風で吹っ飛ばされないよう気をつけながら、なんとか回理子はようやく約束の場所に到着することが出来た。


回理子の自宅から南側に2kmほど離れた箇所に位置する、和楽芭(わらくば)公園にて。


雨が降りしきり風が吹きすさぶ園内にて、高低の姿を辛うじて発見できた。広く大きめの屋根の下のベンチに座り、所在なさそうに地に触れない両の足をぶらぶらと前後にゆすっている。近くに北園の姿は見えない。


(あれ?今日は一緒に来てないのか)


互いが互いに自宅に訪れた訳ではないが、それでも必ずと言っていいほど、北園と高低は集合の際に二人で来ていた。


ペアで、セットで、ニコイチで。


それが今日に限って片割れしか存在していない。これがまず最初に回理子の感じた違和感その①。


「あ。おねえちゃんおはよぅ。かさなんかさしてもぬれちゃうし、はやくこっちにきていっしょに、あまやどりしよぅよぅ」


違和感その②。さも当たり前のように幼子に声をかけられたが。かけられたのだが。かけられた訳なのだが。


(この子の話している声を聴いたのって――初じゃないか?)


高低ふるる。甘いものならなんでも口にし、それ以外には心を開かない、推定小学校低学年にしか見えない、あどけない子供。


「うん」か「ううん」としか、今の今まで応じてくれていなかったのに。回理子をはっきりと見据えながら、両手を振って大声を出しているこの情景が、酷くちぐはぐとした感覚を抱かせる。


高熱を患っている所為なのだろうと、回理子は塗れた傘をたたんで高低の横に座る。


「ぐらんおにいちゃんはまだきてないよ。それにしてもおねえちゃん、なんだかしんどそぅだけどだいじょぅぶ?」


「どうやら風邪を引いてしまったようでしてね、情けないけどとてもつらい。悪いんだけど今日は一緒にカフェに行くのは無理かもしれません。ごめんね」


覗き込むようにして横を見ると、甘味類の類は持っていない。


「そぅなんだ。ふぅーん、そっか。そぅなんだ」


若干の吐き気に抗いながら(流石に幼児の前とは言え戻すのは自分のプライドが許さなかった)、待つこと5分、公園の入り口の辺りに北園の姿が見えた。雨具は装備しておらず、全身がズブ濡れになっているのが遠目にも分かった。


時間にルーズなのは暫くの付き合いで分かってはいるものの、記憶が正しければ彼の残り時間は30分弱しかなかったはずである。崩れきった体調も後押ししてて、早くバトンを回し終えて最寄の病院はどの辺りだっけかと考えていた、その時であった。


「もんだいです。『はまやくしろ』くんといぅおとこのこがいました。かれはといれにいきたくて、ものすごくあせっています。さて、いっこくもはやくかれをといれにいかせるためには、どぅすればいいでしょ~かっ?」


「え・・・?いまなんて言ったの」


完全に内容を聞き漏らしていた。問題、と言ったのかこの子は。


再び高低から内容を伺おうとした際、北園がようやく目の前まで来、ぱしんと回理子の手に触れて、言い訳じみた挨拶を交わしてくる。


「やぁやぁ本日は真に良い天気だな。余りに良い天気過ぎて我はうっかり寝坊してしまってそれで」




「こたえは『間抜け』だよ――ばいばいっ」




北園から回理子にボムみの憑依対象が変わったその瞬間、高低はそのまま後方に倒れこむようにして そ の 場 か ら 消 失 し た 。



―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―



「なッ・・・・・・!?ちょっ、え?ふるるちゃん、ふるるちゃん!!!」


叫んだ所で、いつもより饒舌だった子供からの返事は返ってこない。


スマートフォンを取り出し、アプリケーション【BomB!maP】を起動。見ると、凡そ300m程離れている他プレイヤーのアイコンがもの凄い勢いで回理子から離れていっている。


(まさか、ここに来て――嵌められた!!!)


『ギャハハハハ!まりちゃんってば久しぶりなのにのっけから大ピンチじゃん!なんだかお顔も優れないみたいだし、これは絶体絶命だね!!!』


実体を持たない、質量を持たない、この世にあらざる自爆霊であるボムみの嘲りが、脳内にキンキンと響く。


回理子は対面にいる北園を睨み付けた。イマイチというか全くもって彼女の窮する事態の深刻さを理解していない、要領を得ない表情のまま直立不動で立ち尽くしている。


「まだ交代は済んでいないだろうに、あの童は何処に消えた?」


(恐らく北園さんとは組んでいない――ならあの子の単独行動?)


考えが考えとして纏まらないぐらいに、回理子は消耗していた。身体の節々が風邪の誘発する痛みで軋み、ベンチにもたれ掛かるぐらいに、疲労し疲弊し弱りきっている。


「多分ですが・・・裏切られたのではない、かと・・・・・・」


もう一度スマートフォンを見る。高低であろうプレイヤーは既に1km以上遠ざかっていた。ぐんぐん離れるそれら以外も、ここ和楽芭公園からはかなりの距離がある。


目の前にいる、北園を除いたならば。


お互い、睨み合いになるような形になりながら、北園は独白するように口を開く。


「一つ、至誠に悖(もと)るなかりしか。一つ、言行に恥づるなかりしか。一つ、気力に缺(か)くるなかりしか。一つ、努力に憾(うら)みなかりしか。一つ、不精に亘(わた)るなかりしか」


「・・・・・・今更、こんな時に五省だなんて」


旧大火本帝国海軍は士官学校である海軍兵学校において、かつて用いられた五つの訓戒である。


真心に反する点はなかったか。

言動に恥ずかしい点はなかったか。

精神力は十分であったか。

十分に努力したか。

最後まで十分に取り組んだか。


協力体制と言う名の微温湯に漬かりきっていた、自らの甘さが招いた事態だと、回理子は回転の鈍い思考でもって考える。


「全部が全部出来ておらぬなどと貴様を責めることは出来ん。守りより攻めに転じず、無為に時を浪費し、破綻の一助を担った我にこそ、此度の責はあると言えよう」


「だったらあなたが私の代わりに爆死してくれますか?頗る体調は優れませんが、やり合うっていうんなら今すぐにでも・・・」


無論言うまでも無く、これは彼女の虚勢であった。それも酷く痛々しいまでの。


回理子がその気であるならば、宣言する事無く【ドッペルアナザー】を発動し、ゲームオーバーを免れる為、北園にボムみを押し付ける攻勢に出ているだろう。


北園が彼女の挑発に乗っていたとしても、決して彼に手を出さなかっただろう。



赦せなかったのだ。



一時的にとはいえ、窮地から脱するきっかけとなった、彼と敵対する行為を。



「肉体は衰弱すれど――その心意気は賞賛に値する」


いいだろう、と。


北園は回理子の手を取り、ぐいっと抱き寄せ、耳元で囁いた。





「貴様の死の運命を退ける為、我の命を担保にしてやる」