自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/25 10:21:00 南波樹矢 残刻 00:03:12】

シャープペンシルの黒芯がぽきりと欠けた。


それが合図かというと、ただの偶然でしかない。しかしながら、ほぼ同時のタイミングで3-C教室後方の扉が、それなりに大きな音を立てて開け放たれた。


その場にいるものが皆、いっせいにそちらに顔を向ける。不自然なくらいに若く、そして長身な女性が直立不動で立っていた。自らに集まる視線を確認し、満足したのかにんまりと口角を上げて、大股で闊歩しクラスルームに入ってくる。


「いゃあ、すみませんね。お騒がせしてしまいまして。家事に手間取り来るのが遅くなってしまい、誠に申し訳ない。いつもうちの子がお世話になっております。これからも仲良くしてくださいね」


などと言いながら、父兄・生徒に対し、挨拶を交わしていく。



やもすれば、フレンドリーな母親(?)なのだなと思われるかもしれない。だが、突然の来訪者に戸惑い硬直する室内の人間に対し、後方より 一 人 ひ と り 全 員 に 握 手 を し な が ら 笑顔を振り撒く様をみて、樹矢と絵重の二人は認識をしてしまう。


(このおねえちゃんひょっとして)


(・・・・・・プレイヤーか)


対戦規則第四項は後半部分。鬼以外のプレイヤー-対象B-は鬼である対象Aが半径300M以内に侵入した際、通知のみを受け取る事が出来る。


現在の対象Aは樹矢であるから、その他は原則認識が出来ない。しかし元々は鬼であったなら?対象Bの大まかな位置を事前に把握可能な前提があったならば、話は違う。


先日鬼であった西乃沙羅は、カウント開始時アプリのマップ画面を見、ここ退不高校付属中学校に2~3の反応が集中している事を確認していた。


14時過ぎで、場所が場所である。生徒あるいは教師にプレイヤーがいると当たりをつけての行動であり、その読みは見事的中に至っての今だった。


因みに3-Cを初めの訪問先と選んだ事自体には明確な根拠は無かった。彼女が普段着慣れていないスーツ姿なのには理由があり、仮に授業参加中でなくとも新任の教師だと吹聴しもって総当りで全員を確認する目論見だったのだから、こと今回において一発目でプレイヤーが複数名いる教室を引き当てたのは、単純な運の良さでしかない。


「はいはーい、いつもありがとうね。これからも仲良くねー、よろしくねーって・・・・・・お?」


俯瞰で見て左下、窓際の部分に座っている樹矢の手を取った際、沙羅はようやく探していた玩具を手に入れた子供のように、はにかんで語りかける。


「はじめまして我が子。早速だけどさ、おねぇさんの彼氏になってくれない?」


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


『ぅ、ううう。もうちょっとでボクくんが爆死する所だったのに!タイミング神かよ!ヒーローは遅れてやってくるってのを地でやってのけるとか、ベタなアニメかよ!ともあれ久しぶりだねおねぇちゃん!わんばんこ!!こんばんわ!!わんころそば!!!』


沙羅と樹矢が邂逅を果たしてから、7時間ほど経過した今、二人は向かい合う形でテーブルを共にしていた。


カフェテリアーフェアリィクラウンー。場面描写では3度目になるのであろうから、そろそろ固有名詞として表記をしても、なんら問題はないだろう。


「相変わらず騒がしい子だねぇ。てかさーそもそも自爆霊ってなんなのよ?」


『自爆霊は自爆霊で自爆霊なんだよ!それ以上も以下も以内もないよ!』


「説明になってないってば。まぁいいや。なにはともあれ、この少年は寸での所でゲームオーバーを免れた訳だ。良かった、非常に良かった」


アイスキャラメルマキアートを既に飲み干し、残った氷をがりがりとかみ砕きながら、沙羅は樹矢を見遣る。先程より幾度か話題というか、話を振っているのだが、どうにも要領を得ないようで、曖昧な返事しか返ってこない。


「折角年上のおねーさんがお茶へと誘ってやったってのにつれないなぁ。そりゃあたしはあんまり容姿は良くないし、何しろデカい。一緒に歩けば地震が起きるから少し離れてって41番目の元彼にも言われた事あるし、しょうがないのかな」


その後ボッコボコにしたけどなと笑う沙羅を遮り、樹矢は彼女に問いかけた。


「西乃さんは、どうして僕を助けていただけたのでしょうか」


「どうして、とは?」


「おかしいじゃないですか。事前に僕や絵重先生の位置が分かっていて、鬼じゃないのにわざわざ探しに来るなんて」


樹矢が言うように、沙羅の行動は第三者目線で見れば、それなりにリスク管理に欠ける行動であった。ひとつ掛け違いがあれば、鬼である絵重に触れていた可能性だって十二分にある。


「んー、正直軽率だったとは思うよ?でもなー、あたし他のプレイヤーどんなんか全然知らないし、興味本位って部分があったんよ」


「猫なら殺されてますよ」


「只でやられないし、あたしは犬派だ」


「これで何度目になるかは分かりませんが、重ねて御礼――西乃さんには感謝をしています。お陰さまでまだ生きているし、こうやってパウンドケーキを頬張るにありつけているのですから。でも、これからどうするんですか?あと都合3日以内に、何とかできる目論見でも?」


「少年にあたしが触れたときに、対戦規則に追加記載あったじゃん。あれをうまく使えないかなぁ、とは一瞬だけ考えた」


沙羅が樹矢に触れた後、ちゃっかりとルールには追記が為されていた。



五.対象Cが対象Bに触れた際、右記の通り変化が為される。C→B/B→A/A→B※制限時間はいずれも72時間にリセット



プレイヤー三人間で、リレーのバトンを渡すようにボムみの憑依対象を変え続ければ、理論上は誰も爆死しない手法であろう。


「なるほど。僕と西乃さんと絵重先生と、プレイヤーが誰かわかってますもんね。協力を仰ごうとされているとか」


「無理だろうね。アイツはきっと裏切るよ。少年の話を聞く限りでは、素振りこそみせるかもしれんが、その内確実にあたし達どちらかがハメられちゃうよ」


絵重が対象A――鬼であった際、樹矢を認識した上で狙い撃ちをしていたことは明らかであった。善悪の呵責があるかは分からないものの、顔色一つ変えずに教え子を爆殺するつもりでいた。いずれにせよ、そんな人間を仲間内にいれようものなら、先々瓦解は避けられないだろう。というのが、沙羅の言い分。


「しっかりと話せばなんとかなるのではないでしょうか」


「なったとしても、リスクは避けたい。それにあたしはアイツが気に入らない。少年とはまだ今日知り合ったばかりだけどさ、やっぱりムカつくんよ。君がどういう心持だったのかは置いといて、よっぽどの事が無い限り、あの状況で生徒が教師に触り返すのはかなり困難だっただろうさ」


授業中に加えて授業参観。あの場には他者の眼が多すぎた。命がかかっているとはいえ、なし崩し的に(なんとかなるか)であったり(実はドッキリで自分は死なない)と思ってしまう場合も、充分にあり得るのだ。


知ってか知らずか、絵重にはそれを利用した節が考えられる。沙羅が太を撃破した後、即時で他プレイヤーにボムみが移ったとすれば、1日の時間が経過している。鬼が他対象を把握出来、且つ樹矢は昨日も授業に参加している。やろうと思えば昨日でもできた事を、今日この日のあの状況にて実行するとは、つまり。


少しでも勝率を上げつつ、樹矢を狙い撃ちにしてきた。


「かといって今から3人目を探すのは得策ではないね。幸いにも少年は、心こそあたしにまだ開いてはくれないものの、凄く優しい。残りの8人がどうかは知らんが、こうやって話す機会を与えずにトンズラされることだって考えられる。なのであたしが出した結論はな、」


絵重太陽をぶっ潰す事にした。


「西乃さんが先生を、ですか?」


「そだよー。まぁ少年にもちょっと協力してもらうかもだけどね。ほら、良く言うだろ?“汝右の頬を殴られたら相手の左頬に廬山昇龍覇”って。やられっぱなしは、性に合わんのだわ」


年代ではないので、沙羅の言った冗句の――そもそもが意味が違うのはさておき――元ネタが分からず、それも相まって樹矢は困惑していた。


(絵重先生が僕を脱落させようとしたのは分かる)


(誰だって死にたくはないだろう。死にたくないから、負けない様にするのは当然だ)


(僕は他の誰かが傷つくのを見たくない。見たくないから死ぬ事だって厭わないのに。なのに)



(西乃さんは、どうして僕を助けてくれたのだろう)



沙羅に対し最初に投げかけた質問というか、疑問を再び心の内で反芻する。


結局答えは出ぬままに、その日二人はカフェを後にした。