自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/23 16:34:12 西乃沙羅 残刻 21:30:24】

ールや規範に縛られないという点において、西乃沙羅はまさしくそれを幼年の頃から体現してきたといえよう。


手のつけられない暴れん坊とまでは行かないまでも、自らの我を通す為には何だってしてきた。力が無ければ何も出来ない。ましてや単純な力や体格では男に負けてしまう。齢4歳、公園デビュー2日目にして同い年のやんちゃ坊主に敗北を喫したのを皮切りに、彼女はこの世の理がなんとはなしに、おぼろげながら理解出来てしまったのだ。


分かれば、あとは動くだけである。沙羅は良く食べ良く学び良く鍛えた。義務教育という名の学び舎以外の習い事といえば、親に内緒で通いつめてた近所の敗残の老兵の寝床が唯一無二の其れであった。昨今のジムなり塾では何があっても教えてくれない技術や普通に生きて行く中では絶対に知るはずの無い経験を身につけた。ともすれば偏った思想に傾倒する可能性も孕んでいたが、ブレることなく真っ直ぐに、すくすく育っていった。そして沙羅には叶えたい明確な夢があった。


心から愛する異性とめぐり合い、そして死ぬまで一緒に過ごしたい。


なるほど年端の行かぬ女子らしい真っ当なものに見えよう。が、生物としての本能に抗がえず常人なら折り合いをつけて「まぁぶっちゃけそんなに好きじゃないけど寂しいから付き合っちゃえ」的な妥協は一切持ち合わせていなかった。交際を宣言した後に僅かでも気に入らないと感じた奴は音速が如く切り離し、追うものや復縁を迫るものは容赦なく突き放し、なんならその半数以上は己が持ち得る実力で心底全力完膚なきにまで打ちのめしてきた。


彼女自身、どうしようもなく男を見る目が無かった。それも病的なまでに。捉え方を変えるならば才能とさえ言える。悉く見る目が無かった。須らく然るべくして、男を見る目が無かった。


一方的に別れた後の数日間は「もう恋なんてしない」などと失意に項垂れるも、気が付けばまた別の男性と付き合っている。懲りていないし、根っこの部分ではめげてもいない。


98回もの失敗をしようが、それでも彼女は諦めない。


夢を実現する為には、死んでる暇なんてなかったのだ。


―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―|―


丸二日以上熟睡した彼女は、予備動作を伴わずがばりと勢いよく起床する。時計を見、日にちと時間を確認。制限時間を差し引いてもまだ20時間以上あるのでもう少し眠ろうかとも思ったが、愛犬であるパスカルのフードボックスが空になっていたし、何より当の本人も空腹であった。膝まで伸びる髪を縛り上げ、鼻唄交じりに食事の準備に取り掛かる。


寝室より出てダイニング兼キッチンに這入ると、件の自爆霊とやらが宙に浮かんでいた。


『おーーーーーはーーーーーーよーーーーーー!おねえちゃんいくらなんでも寝すぎだよ!ワタシ暇すぎて孤独死しちゃうとこだったじゃん。つーかワタシってばもうくたばってたわギャハハハ!!』


「寝起きから大きな声を出さないでってば、只でさえあんたの声は脳に直接響く」


適当にあしらいつつ冷蔵庫内に残っていたあり物で食事の支度をする。真横や真上や真後ろから、ボムみは中身の無い軽口を叩きながら漂っていた。


『なんだよなんだよつれないなぁ。にしても本当に大丈夫なの?タイムリミットもう1日切っちゃってるんだよ?焦らないの?死ぬのが恐くないの?』


「実感が湧かないってのが率直な感想かね。とはいえ未来の旦那様と添い遂げる為には死んでる暇なんて、あたしにはないからな。ぶっちゃけ弩級に面倒だけど、やるだけやってみるさ」


蛸を象ったウインナーを頬張りながら彼女は気だるげに答える。事情を知らない第三者目線であれば、連休明けの出社に憂鬱さを漂わせるOLに見えなくもない。そもそも沙羅はオフィスレディーではないし、漂っているのは雰囲気ではなく自爆霊である。


『その謎の自信はなんなのさ?どこからどうみても負ける気ゼロじゃん!りんご食ってるのかってぐらいに、よゆうしゃりしゃりじゃん!』


「綽綽な。さて。よっこいせっ、と。んじゃま、ぼちぼち出掛けますか」


そう言うと彼女は手早く身支度を済ませ、半外套を羽織る前に電話を一本かけた後、少し遅めのショッピングに出掛けるが如く、玄関へ向かう。


「数時間以内には帰るし、留守番頼んだぜ相棒」


パスカルちゃんばいば~いとボムみも両袖を振る。ワンワンという鳴き声を後に、沙羅とボムみは家を後にした。