自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/21 14:14:57 西乃沙羅 残刻 71:49:37】

んとはなしに、視界にふわふわと漂う存在があったのは気付いていた。気付いていたのだが、それは余りに露骨過ぎたのでスルーというか、無視を決め込んでいた節がある。


そんな沙羅の思惑を慮る素振りは全く見せず、目の前の少女の見た目をしたナニカはしきりに喋り続けていた。


『ご機嫌うるわしゅう長身のおねえちゃん!早速だけどカウント始まっちゃってるし手短にいっくよー!あっ、ワタシったら手ぇ無かったわギャハハハ!!』


白い三角頭巾に白装束を着ている。言われてみれば確かに袖が長すぎるのか、手の部分が隠れて布がだらんと垂れ下がっている。前述の通り腰から下はある様に見えない。


「あー。盛り上がってる所悪いのだけど、ひとつ聞いてもいいか?」


『ゎーぉ!自らの常識の範囲内では想定外であるに違いないワタシに対して意思の疎通を試みてるワケかな?ビューリホゥ!エクセレンツ!!ザーッツォオオル!!!いいよいいよ聞いちゃって、ひとつと言わずに今なら特別に126,620,000個まで答えてあげちゃうよぅ!!』


「ならお言葉に甘えて水増しで3つ聞こうか。あんたは何者だ。なぜ浮いている。でもってあんたが言うちょっとしたゲームって何」


無駄にテンションが高いのと、国内の確定人口数分の問いかけを容認したのを無視し、沙羅は質問を投げかけた。


『いっこづつ答えるよ。二度目になるけど改めて自己紹介しちゃいます、ワタシは自爆霊穂”無実ちゃんだよ!よく間違えられるんだけど自縛じゃなくて自爆、爆弾の方ね!ボンバーマンでお馴染のボムだよ!』
 

なるほどわからん。沙羅は今一度思案した。ついに自分は気が触れてしまったのだろうかと、真面目に悩む。悩んだ所で目の前の正体不明は一向に消え失せる気配がない。うん。認めたくないがどうやら現実らしい。


『続いてにこめ!なぜ浮いているかって?そりゃーワタシが霊だからだよ!霊なのに浮いてないとかエアプも甚だしい、浮くからこそ霊であるといっても過言はないね』


その見るからにステレオタイプな風貌はやはり幽霊であるらしかった。分かり易過ぎるので敢えて聞かない選択肢もあるにはあったが、一応念の為聞いておいて良かった気がする。いや、やはりそんな必要はないのかもしれない。


『そしてさんこめ!こっから割と重要だからちゃんと聞いて理解してね!あのねあのね、詳細をつまびらかには教えれないんで申し訳ないんだけど、おねえちゃんはこの先十年以内にそれはもうド偉い大罪を犯しちゃうんだ。でね?おねえちゃんと同じような未来の大犯罪者達があと10人くらいいてね?この国の将来と天秤に掛けて全員問答無用でキルっちゃった方がいいんだろうけど、せめてもの情けで振るいにかけて一人だけ生かしてやろうってな温情の下、生存権を賭けたゲームに参加してもらう事に決定しちゃいました!!』


「だからそのゲームって具体的に何よ」


『慌てず騒がず落ち着いて?ASO!はいASO!!まずはお手持ちのスマートフォンにご注目!』


自称を自爆霊とし一人称に愛称としてちゃんをつけるボムみが言い放つとほぼ同時に、沙羅の所有するスマートフォンが音を立てる。手に取りディスプレイに目をやると、そこには新しいアプリケーションのインストールを知らせる通知が来ていた。


『タイムリミットである72時間以内に、そのアプリを使って他のプレイヤーにまずは接触をはかってみて!接触――文字通り相手の身体に触れるって意味ね。んでもって、そいつらのいずれかに触れてから17分以内に触れ返されなかったらおねえちゃんの勝利!もし再び触り返されちゃったら、その時は触る前からやり直し!更にさらに制限時間が半分でのリスタートになっちゃうよ!でねー。もしも制限時間以内に目標が達成出来ず残り時間が無くなっちゃうと』


「爆死すんだろ、どうせ」


『にゅあぁあ!駄目だよおねえちゃん!そこ一番ワタシが言いたかった箇所なんだから!!』


「自己紹介の時点で爆を強調しすぎな。察しの悪いガキでも察するわ」


喚き散らすボムみを脇目に、スマホを弄る。アプリケーション名【BomB!maP】トップには沙羅の家を基点とした周辺の地図が表示されている。左上には赤字で制限時間を示すタイマーが。画面中央のオレンジ色の丸いアイコンは恐らく沙羅の現在地を指しているのだろう。他に点々と散らばっている青色のアイコンが、他のプレイヤーになるのか。


「あれだな、意外と距離って離れていないんだな。この辺とか、すぐ近くの学校みたいだし」


『おっ、良い着眼点だね!つーことは早速乗り込む?突っ込んじゃう??ブチアゲ・カチコミ・タイムに突入しちゃうぅぅうう???』


「いや、やめとく」


『へ?どーして?』


「なんてゆーか。眠いの、非常に眠いの。おねえさんは失恋のショックで暫く立ち直れそうにありません。なのでちょっと眠りたいのです」


『・・・は?』


終始ハイテンションだったボムみの表情から笑顔が消える。日常生活では起こり得ないこの異常事態を促し、客観的に判断するのならば、正にその通りだ。


あと3日以内で死ぬかもしれないというのに、眼前の女はこうも余裕なのか。どうしてそそくさと毛布を被って睡眠体制に入ろうとしているのか。


『え?おねえちゃん?本当に今置かれている現状、分かってる?夢とかじゃないんだよ??』


「わかってるよ。でもな、あたしは今本当に全力で形振り構わず眠たいの。頭が冴えない状況だとな、何をやっても上手くいかないんだわ。それにまだ3日もあるんだろう?じたばたしたって仕様が無いだろう。つーことで、おやすみ」


そういって沙羅はものの数十秒も経たずに寝息を立て始めた。結果を記すと、その後ボムみがいくら騒ごうが、依然として丸々50時間弱目覚めることはなかった。


霊体であるが故に物理的に干渉出来ず、いくら呼びかけても無駄だとわかり、30分後にようやくボムみは匙を投げた。勿論投げる腕は無かったし、投げ出す両脚も有していなかったのだが。


『参ったな。この図太さは尊敬にすら値しちゃうね。大罪ランク2位は伊達じゃない。まぁいいや、そのうち否が応でも動かなきゃならないんだ。まずはお手並み拝見といこうじゃない』


言い残し、音も無く消える。残された部屋では、一人と一匹が仲良く寝息を立てていた。