自爆霊穂“無実ちゃんと十一人の未来罪人

長編ちっくなweb小説の形をした何か。原則毎週水or木曜日更新。

【4/21 14:04:23 西乃沙羅 残刻 72:00:00】

人君主でもなければ善人でもない。自分は紛れもないふしだらな人間だと、切に思う。


つい今しがた98人目の交際者と決別した――実質自分から振った形になるのだが――西乃沙羅は、もう何度目になるか分からない、毎度お馴染の懺悔タイムに没頭していた。


「今回は何が原因だったのだろう」


独白するまでもなく明白だったが、敢えて沙羅は誰もいない2LDKのマンションの寝室兼自室で自分自身に問いかける。厳密に状況を描写するならば、彼女が唯一心を許せる存在である飼い犬がベッドの脇に存在しているのだが、沙羅の心情を推し量るべくもなく、すやすやと眠っている。起こすのも忍びないし、何より睡眠時間を妨げてまで語りかけたくもなかった。


(見た目は悪くはなかった。年相応の収入源も持ち合わせていたし借金等の匂いもしなかった)


(でも、趣味がサボテン鑑賞だもんな。良くない、非常に良くない)


98人目の彼氏だった男とはカフェで知り合った。豆乳ラテを気だるげに嗜んでいる際、前置きなく突如として声を掛けられたのだ。暇とラテを持て余していた実情も相まって、話している内になんとなく付き合うことになった。そしてその日のうちに外泊をすることになり、男の家に訪れた際、その事実を知ってしまったのだ。


(家がサボテンで埋め尽くされていたというか、サボテンが家みたいだったもんな)


賃貸ではなく持ち家、玄関をくぐる前からその異様さは際立って顕著であった。沙羅は日本人の女性平均身長を大きく上回る長身にもかかわらず、彼女の190cmを優に超える高さのサボテンが至るところに生えている。敷居を跨ぐと、そこは正にジャングルだった。至るところにサボテンが群生しており――むしろ壁面であったり床面であったり天井であったりの境目が見当たらず樹海を思わせた――通された客間と思しき部屋で寛ごうにも寛げず、どうにかして半刻程耐え忍ぶもとうとう限界が来、丁寧にお断りをして男の家を飛び出てきた。ここまでが昨晩の一連の出来事。


(普通の女なら、あの時点で諦めて受け入れちゃうんだろうけど。にしても諦め悪かったなアイツ)


翌日、というか本日になる。何食わぬ顔で昨晩いたカフェで今度はアーモンドラテをちびちびと啜っていると、サボテン男が現れた。


字面だけ見ると一昔前に主流だった8bitのロールプレイング・ゲームの敵キャラと遭遇したみたいである。


男は何故あれほど意気投合したのにいきなり帰ったのかであったり、どうして僕の趣味を理解してくれないんだなどと激昂している。まさしく戦闘に突入するのかと、久々に殴り合いが出来るのではないのかと淡い期待にワクワクしながら煽り文句をつき返す沙羅であったが、その願いは叶わずに終わる。


客同士のいざこざに気がついた店員が、いらぬ気を使い110番をし、警察組織が出張ってきたからだ。


とはいえ、中年間際のスーツ姿のサラリーマンが、若い女性に一方的に詰め寄る姿が、誰がどうみても剣呑ではない風景に違いない。


法治国家万歳、女性はかよわき存在であり尊いものなのかは全てに当てはまるかは置いておいて、果たして男は通報に応じ登場した警察官に連行されていった。


事なきを得た彼女は、トラブルを起こした事に少しの罪悪感を感じ、カフェ店員に定期購買のスタンプカード購入を申し出たが、あろう事か身の安全を案じられ、店のロゴが刻印されたマグカップを無償でプレゼントされてしまう始末。


(店員さんなり他のお客さんには迷惑かけちゃったかな。反省、非常に反省)


(というか、どうしてあたしが付き合う男は、皆がみんな普通ではないのだろう)


成人して間もない、人生の折返し地点にも到達していない彼女は、同年代と比べて明らかに交際人数が最多に位置づけられる。人数だけに焦点を絞っての話になるのだが。


同年代の男子は勿論のこと、様々な特性を持つ異性と交際関係を築いてきた。いや、築く前に相手の残念な欠点が露呈し、ジェンガさながら自らが崩しまくっているのだが。最長交際期間はわずか7日にも満たない。


即ち、バンドマン・フリーター・サラリーマン・ホームレス・陶芸家・建築士・消防士・警察官・医者・言語学者・図書館司書・名誉顧問・企業CEO・劇団員・人気俳優・任侠・他国スパイ等々。


(思い返せば、至って普通じゃない。むしろこうして生きていることが不思議なくらいだ)


比較的穏やかでない職種も往々にして含まれている元彼氏だったそれらと別れる際、中には昨日のサボテン男のように怒りを顕わにし、沙羅に危害を加えようとする者もいた。その都度彼女は面倒だと嘯きながら、それらと逃げたり対峙したり対峙すると見せ掛けて逃げたりしつつ、うまくやり過ごしてきたのだ。


(久々に喧嘩っぽいことしたいなぁ。したいんだけどところで、)


ここで彼女はようやく視線を上に向ける。先ほどから気になっていたものの、98人目の元彼氏と別れた原因究明とその他97人の有象無象に対する回想に一段落が着いたこともあって、目線を上げてソレに話しかける。


「あんた、何なの?」


語りかけられたソレは一見少女の様に見えた。腰から下が存在しておらず、全体的に不透明な点を除けばだが。


『やーーーーーーっと気がついてくれたんだね!はじめましてこんにちはこんばんわ!ワタシは自爆霊穂”無実ちゃんだよ!早速だけとおねえちゃん、今からちょっとしたゲームに参加してもらうじぇ!!!』


脳に直接響くような声らしきもの。目の前の正体不明な存在から発せられているらしい。らしいのだが、沙羅は欠伸をしながら窓際に身体を向け、惑う。


なんか超面倒なことになってね?、と。